ニコニコニュース(オリジナル)

pb.jpg 今、20代の男性が「恋人にしたい」と思うマンガのキャラクターは――。集英社が発行する男性向け週刊誌「週刊プレイボーイ」(2011年2月7日発売)ではアンケートを実施。「20代メンズ1000人が選んだマンガキャラマジ惚れランキング」と題した記事で、アンケートの結果を紹介しているのだが、全国の男性と秋葉原との男性との間では好きな女性キャラクターのランキングに大きな違いが出ており、プレイボーイ編集部も驚いているようだ。

 週刊プレイボーイの記事「20代メンズ1000人が選んだマンガキャラマジ惚れランキング」では、コミック誌を定期購読する全国の20代男性1000人を対象に、好きなマンガやキャラクターなどを聞くアンケートを行い、結果をまとめている。たとえば、「もっとも好きなマンガ」ランキングでは、1位『ONEPIECE』、2位『NARUTO -ナルト-』、3位『バクマン。』と、いずれもアニメ化をされている有名作品が並んだ。

 注目すべきは女性キャラクターに関するランキングだ。まずは、20代男性全般に聞いた「恋人にしたい女性キャラクター」のランキングを見てみよう。

1位 ナミ(『ONE PIECE』)
2位 ニコ・ロビン(『ONE PIECE』)
3位 ボア・ハンコック(『ONE PIECE』)
4位 西野つかさ(『いちご100%』)
5位 浅倉南(『タッチ』)

 このランキングの投票者からは、「美人だから」「友達に自慢できる」といった、キャラクターの美貌を推す声が大きかったという。一方、オタクの聖地とされる東京・秋葉原限定で実施された「アキバメンズ100人が選んだ"マジ萌え"女キャラ・ランキング」のアンケートは以下の通りとなっている。

1位 中野梓(『けいおん!』)
2位 秋山澪(『けいおん!』)
3位 桂ヒナギク(『ハヤテのごとく』)
4位 黒神くじら(『めだかボックス』)
5位 神楽坂明日菜(『魔法先生ネギま!』)

 2つのランキングを比較すると、前者では『ONEPIECE』のキャラクターが上位を独占しているのに対し、後者では『けいおん!』と違いが鮮明だ。それぞれランクインしたキャラクターが5人ともまったく違うという結果に、プレイボーイ編集部も「一般アンケートとのあまりの違いにビックリ」とコメントしている。

 記事ではこのほかにもさまざまなマンガに関するランキング結果を発表。例えば「こんなヤツにだけはなりたくない!」ランキングでは、1位に『ONEPIECE』の「ウソップ」、2位に『ドラえもん』の「野比のび太」、3位に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の「両津勘吉」が名を連ね、4位には『DRAGONBALL』の「ヤムチャ」がランクインしている。

【関連サイト】
WEEKLY PLAYBOY ONLINE 週刊プレイボーイ 公式サイト

(ニコニコニュース編集部)

【関連記事】
みんなで決める2010年人気アニメ1位は「とある科学の超電磁砲」
マンガ界の大御所が都条例改正を批判、「拡大解釈をされるということが一番嫌」
ニコニコ静画に某有名海賊団をリアルに描く絵師がいる
全文を表示