リーガ・エスパニョーラ第10節が28日から30日にかけて各地で開催された。

 8勝1分けで首位を走るバルセロナは、敵地でアスレティック・ビルバオと対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールで先制すると、終了間際にはブラジル代表MFパウリーニョが追加点を挙げて2-0と完封勝利を収めた。バルセロナは勝ち点を「28」に伸ばし、首位を快走している。

 好調を維持する2位バレンシアは、アラベスに2-1と勝利。7勝3分けと無敗を維持し、勝ち点「24」でバルセロナを追っている。一方、3位のレアル・マドリードは初昇格のジローナとアウェイで対戦し、1-2と痛恨の逆転負け。今シーズン2敗目を喫し、首位バルセロナとの差は8ポイントに開いている。

 エイバルの日本代表MF乾貴士はレバンテ戦にフル出場。前半に負った2点ビハインドを追い付き、2-2の引き分けに持ち込んだ。日本代表MF柴崎岳が負傷離脱を強いられているヘタフェは、ホームでレアル・ソシエダに2-1と勝利。今シーズン3勝目を挙げ、11位に浮上している。

 リーガ・エスパニョーラ第10節の結果は以下のとおり。

■リーガ・エスパニョーラ第10節結果
アラベス 1-2 バレンシア
アトレティコ・マドリード 1-1 ビジャレアル
アスレティック・ビルバオ 0-2 バルセロナ
セビージャ 2-1 レガネス
ヘタフェ 2-1 レアル・ソシエダ
ジローナ 2-1 レアル・マドリード
エイバル 2-2 レバンテ
マラガ 2-1 セルタ
エスパニョール 1-0 ベティス
ラス・パルマス 1-3 デポルティーボ

■リーガ・エスパニョーラ第10節順位表

1位 バルセロナ(勝ち点28)
2位 バレンシア(勝ち点24)
3位 レアル・マドリード(勝ち点20)
4位 アトレティコ・マドリード(勝ち点20)
============CL=============
5位 セビージャ(勝ち点19)
6位 ビジャレアル(勝ち点17)
============EL=============
7位 レガネス(勝ち点17)
8位 ベティス(勝ち点16)
9位 レアル・ソシエダ(勝ち点14)
10位 エスパニョール(勝ち点13)
11位 ヘタフェ(勝ち点12)
12位 レバンテ(勝ち点12)
13位 ジローナ(勝ち点12)
14位 セルタ(勝ち点11)
15位 アスレティック・ビルバオ(勝ち点11)
16位 デポルティーボ(勝ち点11)
17位 エイバル(勝ち点8)
============降格============
18位 ラス・パルマス(勝ち点6)
19位 マラガ(勝ち点4)
20位 アラベス(勝ち点3)

リーガ・エスパニョーラ第10節が各地で行われた [写真]=Getty Images