近年体毛を気にする方が大幅に増加してきました。それは文化の発展に伴い増加したと言っても良いかもしれません。現実として、抑毛ローション・除毛クリーム・家庭用脱毛器を初め、 男性向けの脱毛サロンなんてのが流行している世の中です。

もしあなたが体毛について今まで悩んでおられるとしても、 この記事を見ていただければ体毛を薄くする方法、体毛が濃くならないために日常で行わなければならない事など、全てを理解していただけます。

では早速、以下からまずは体毛が濃い人の特徴からご覧ください。

体毛が濃い人の特徴

そもそもなぜ体毛が濃いのか?それには男性ホルモンと女性ホルモンが関係しています。それぞれの特徴として、 男性ホルモンは体毛の濃さの原因になり、 女性ホルモンは頭髪に影響していると言われています。

よって、体毛が濃いという事は同時に男性ホルモンが多いという事になります。例外として、 

  • 多毛症と呼ばれる病気であること
  • 身体の外部からの刺激 

このような事によっても毛深くなる要因になる事もあります。多毛症については、病院で検査を受ける事も可能となっております。それでは早速、実際に今回題名にも記載している、体毛を薄くする方法を紹介して行こうと思います。 

体毛を薄くする方法

体毛を薄くする方法として、 まずは食習慣から変えて行く必要があると言われています。食習慣が乱れるという事は、ホルモンバランスも乱れて行くためです。

食べ物というのは毎日あなたも口にする事から、一番身近であり、一番早く改善出来ると言えるでしょう。では具体的にどうすれば良いの?という事ですが、 先程体毛が濃くなる原因として、男性ホルモンが多いという事を記載しました。

ホルモンバランスを整える食材代表として、大豆があります。 

大豆の成分であるイソフラボンが 、女性ホルモンと同等の働きを行うため、大豆製品の摂取でホルモンバランスを整えてあげる事が大切です。一概に大豆と言っても、ピンとこないと思いますが、身近な食材で言うと、豆腐、納豆、油揚げ、また調味料として、味噌、醤油が挙げられます。

これらの食材、調味料を利用した食材を摂取するだけで、ホルモンバランスを日ごろから整える事が可能となります。 

誰でもできる市販品を使った方法

また、食生活とは別に、市販品を使用して体毛を薄くする方法もあります。 主にあげられるのが、 

  • 抑毛ローション 
  • 除毛クリーム 
  • 家庭用脱毛器 

この三つがあげられるでしょう。それぞれの特徴とメリットデメリットを上げて行こうと思います。

抑毛ローション

ここでも出てきますが毛の働きを抑制するイソフラボンを主成分として開発されたローションです。

まず、一番のメリットとしては、値段です。低価格でドラッグストアなどでも購入可能なので、すぐに始める事が可能です。また、肌に優しく手軽に始める事が可能な事が最大のメリットと言えます。 

デメリットとしては、 即効性が薄く、また人によって製品により個人差がある事などから、 自分にあった商品を見つける事が大事になります。それと同時に 、永久的に抑毛出来る というわけではなく、塗っている間だけ抑毛出来るという事に関しても認知しておかなければなりません。 

除毛クリーム

除毛クリームとは、肌に塗る事で、肌に生えている毛を溶かして取り除きます。メリットとして挙げられるのは、 先程と同じように手軽さです。 

値段は抑毛ローションより少し高めとなりますが、 こちらも塗ってから規定時間を置き洗い流す。これだけでお手軽に除毛出来ます。

デメリットとしては、人によって効果が違う事、敏感肌の方であれば、肌が少し赤身を帯びてしまう事などがあげられるでしょう。

家庭用脱毛器

こちらについては、家庭で手軽に脱毛できるという点から、 家庭用脱毛器を使用しておられる方も多いようです。メリットをあげるとすると、 脱毛サロンなどに通うより値段が安い事です。

手軽に自宅で始める事が可能なので、誰かに見られる心配もない、 家族などとも共有できる、サロンの予約などをする必要がない。など多くのメリットがあげられます。

また、抑毛ローション、除毛クリームなどと比較しても、 効果は高く、機械によっては持続性もある、また持続して個人で使用できるのもメリットと言えるでしょう。

デメリットを挙げるとすれば、 上記に記載した、抑毛ローション、除毛クリームと違って値段が高い事です。

継続的に使用できる事などを考えると、抑毛ローションや除毛クリームを使用し続ける事を考慮すれば値段は安くなるかもしれませんが、一度に数万円とする機械を購入しなければならない事がデメリットと言えるかもしれません。

最後の手段!メンズエステやクリニック

こちらでは、上記に記載した事を試しても効果がなかった!など、人によって個人差がある事から、紹介させていただきたいと思います。

光脱毛

光脱毛は名前の通り、光を照射して脱毛するやり方です。メリットとしては、 レーザー脱毛に比べて痛みが本当に少ししかない、もしくはほとんどの方が痛みを感じないというのが特徴であり、エステサロンなどでも可能です。

また、値段についてもレーザー脱毛に比べて安くなっています。デメリットとしては、 各個人の毛の周期に確認し、長いスパンでやって行くので、完了までに1年、長い方では2年程度時間がかかるのがデメリットと言えます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は名前の通り、レーザーを用いて脱毛を行う方法です。メリットとしては、 光脱毛よりも短いスパンで完了する事。同時にレーザー脱毛は医療機関でのみ行えますので、アフターケアも万全であり、美肌効果も期待できると言われています。 

デメリットはやはり値段となります。その医療機関にもよりますが、一部の脱毛で数万円、全身となると15~20万円前後かかると予想されます。

光脱毛・レーザー脱毛どちらも言える事ですが、やはり医療機関などでやる事に対してのメリットは大きいと言えます。ですが、金額を面を考慮するとやはり一概にこちらが良いとは言えない部分でもあります。

また、上記注意点として、白髪になってしまった毛はサロンによっては出来ない事、日焼けをしていると脱毛をしたい部分以外にも反応してしまい、火傷の原因となってしまいますのでサロン、医院によっては断られる事にご注意ください。 

逆に体毛が濃くなってしまう場合

食べ物

具体的な食べ物としては、 牛肉、豚肉などの一般的に赤身と言われる部分。 

長ネギ、にんにく、ニラ、などの臭いが強い食べもの、また、ブロッコリー、カリフラワー、牡蠣などの食材が挙げられます。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れ、 男性ホルモンが多くなると体毛が濃くなってしまうと言われています。

上記に記載した食べ物がホルモンバランスを崩す(男性ホルモンが多くなる)食材と言えます。

間違った脱毛方法

間違った脱毛方法を行う事によって、逆に体毛が濃くなってしまう事もあります具体例として、 たまにネット上でガムテープでの脱毛を推奨している人がいますが、 絶対にしてはいけません。

毛根に大きなダメージが加わるとムダ毛が硬毛化し、 結果として、毛が太くなる事になるからです。また同じように、大きなダメージを与える事で毛の多毛化にも繋がるので、 無理やり毛を抜いたり、大きなダメージを与えないようにしなければなりません。 

逆に体毛が濃くなる原因として、食べ物についてまずは記載しました。こちらはホルモンバランスを崩さないように、全く摂取しないという事ではなく、過剰摂取は控えて、ホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

また、間違った脱毛方法を行う事によって、毛根に大きなダメージを与え本来の目的である脱毛からは遠ざかってしまう場合もあります。

記事内でお書きした通り、正しい脱毛方法を行うようにしましょう。 

まとめ

もう悩まない!これで本当に体毛が薄くなる確実な方法ということで、脱毛方法をご紹介いたしましたが、毛が全くないというのもそれはそれで問題でもあります。本来毛は外からの刺激、体温管理にも役立っていると言われています。身体に必要なものであるという事は理解しましょう。  

ですが、やはり体毛が濃くなってコンプレックスとなってしまう事も事実です。まずは食習慣から、記事の通りお試しいただければ確実に体毛は薄くなりますのでお試しいただければ幸いです。