プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(本社:神戸市、以下P&G)の台所用洗剤ブランド「JOY」は2017年11月2日、「家事分担をJOBからJOYへプロジェクト」を開始する。

同プロジェクトでは、同日に公開する家事分担動画「ふたりでわけあうもの」や、「JOY 共家事 婚姻届」の無償配布などを通じて、夫婦での家事の分け合いはもちろんのこと、気持ちまでを分け合う家事分担を応援する。

「いい夫婦の日」に向けて

「家事分担をJOBからJOYへプロジェクト」の目的は、家事分担の大切さを伝える「特設サイト」の開設や、家事分担をテーマとする動画「ふたりでわけあうもの」の公開を通じた、夫婦の気持ちまで分け合う家事分担を考えるきっかけ作りだ。

「JOY」は11月8日、プロジェクトに賛同した写真提供のアフロとのコラボレーション企画を発表予定、21日には気持ちを分け合う家事分担の大切さを伝えるPRイベントを予定するなど、11月22日の「いい夫婦の日」に向けて、夫婦の気持ちまで「分担」できる家事の取り組み方を応援していきたい、としている。

このプロジェクトは、女性を中心とするプロジェクトチーム、中でもP&Gの女性社員3人が引っ張っている。10歳の子を持つ40代のPRマネジャー、2歳の子を持つ30代のブランドマネジャー、20代で独身のアシスタントブランドマネジャー。40代のPRマネジャーいわく、

「P&Gはダイバーシティ&インクルージョンが根付いた会社で、多くの女性が家庭と両立しながら働いています。P&GのJOYだからこそ、家事を分担することはもちろん、お互いを思いやる夫婦の関係を提案していきたいと考えたのです」

各界の著名人や専門家も、このプロジェクトに期待を寄せる。コラムニストの犬山紙子さんがその1人だ。2017年1月、夫との間に第1子が生まれた。

「今回の動画の中で、妻が電話をしながら家事をしているシーンがリアルで、今の女性の姿がよく出ていると思いました。ちょっと家事の分担が『偏っている』と感じるご夫婦やこれから結婚される方にも、おふたりでこの動画をみていただき、優しい会話で家事分担について気付く・話すきっかけにしてほしいです」

動画「ふたりでわけあうもの」は11月2日、特設サイトで公開する。<J-CASTトレンド>

家事分担を考えるきっかけに