10月30日AbemaTVで『おぎやはぎの「ブステレビ』が放送され、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、タレント稲村亜美お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、お笑いコンビフォーリンラブバービーを自称“ブスメンバーに迎えた。

今回は「ブスにもハロウィンがやって来たSP」と題し、自称“ブスメンバーは、ハロウィンらしい仮装をしてスタジオに登場。
女豹」「金魚」「バニーガール」「メイド」と思い思いの仮装で楽しそうに登場した自称“ブスメンバーを見て、大久保は「仮装コスプレはさ、ブスを何倍にもブスにするのよ」とキツイ一言を放ち、さらに細かくチェックをし始め「普段の手入れがなってないから、下着の線とかさ。後、肘がガサガサとかさ、そういうとこよ」と厳しくダメ出しした。

おぎやはぎの2人と、“美人コメンテーター”の稲村も、番組は始まったばかりにも関わらず「かなりグッタリしちゃって」と、くも疲れてしまった様子。大久保はそこからも「ブスブスに厳しかったりするんですよ。ちゃんとして欲しいの。品とか汚さとか、嫌悪感とかを持ってほしくないの。クオリティを下げたくないの。ブス全体の業界の」と強なダメ出しが続き、これにはスタジオの自称“ブスメンバーも「こんなにブスのダメ出し受けたことないですよ」と、妙な面持ちで聞いていた。

続いて「ハロウィンで見たブス」のコーナーでは、ブスが大量発生すると噂のハロウィンには、どんなブスがいるのか聞くことに。

スタジオでは矢作が、“ブスはなぜ露出したがるのか”を大久保に聞いてみると「酔っ払ってくると顔とかストライクゾーン広がってくるでしょ男の人。で、体さえ良ければイケるみたいなのをこっちは狙うんだよね」と説明し、さらに「(ハロウィンは)私たちにとって本当の収穫祭だよね」と自称“ブスメンバーに同意をめると、矢作が「上手いこと言うんだな」と笑いながらコメントしていた。



また「ブスだけど、こんな時Hしたくなっちゃいます」のコーナーでは、自称“ブスメンバーから「自転車砂利道を走っている時」、「好きな相手がブスを抱いた情報を聞いた時」、「男性の汗のニオイを嗅いだ時」など、強エピソードられた。大久保は「東京03飯塚君がブス専だって噂が入ってきて、それでちょっと見るが変わったことがある」と告白。すると矢作も「でも確かに、ソープ嬢イカしたっていう話があるもんね。凄い上手いんだって」と暴露し、これにスタジオの自称“ブスメンバーは期待を持った様子で、「MC飯塚さんで!」と要望が出ていた。



またバービーにも聞いてみると「ちょっと込み入った話とかになってきたり、退屈になるとムラムラする」と明かし、「打ち合わせとかでディレクターさんとかと、よくソファー席で打ち合わせする時あるじゃないですか、そうすると台本見ながら、凄い話がややこしくなってきたなー、分かんないなーと思ってきたら、台本の先にある股間の方を見ちゃう」と説明。矢作からは「にやれ!ちゃんと」と注意されていた。

©AbemaTV

関連画像キャプション