“REON” REON KUNO

インタビュー/FINEPLAY】Red Bull Athlete であった故 佐藤により生み出され、日本でほぼ一のコンテスト形式の大会で日本FMXシーン進化、拡大に多大な影を与えている「GO BIG10周年を記念し、FINEPLAYでは出場ライダーインタビューを行った。

久野 恩(クノ レオン)選手 ニックネーム:REON(レオン) 1998年生まれ、19歳。茨城県出身。マシンはSUZUKl RM-Z450。 幼生よりモトクロスを始め、今年の5月FMXに転向。 江原大地選手、江原選手と同じコースモトクロス練習をしており、それまでも気分転換程度に15mのジャンプを楽しんでいた。渡辺選手が同コース練習をしていた際に23mにトライしたのが転向のきっかけ。 FIND(15mの入門クラス)の経験なしに初参戦するが、GOBIGの参戦条件はしっかりクリアしている。写真を見て頂くと分かる通り、見事なダブルラブキメることも出来ている。とにかく23mを飛ぶのが楽しい、とる彼が、GOBIGという大舞台を楽しんでくれることを期待したい。

久野 玲恩(クノ レオン)

—GO BIG参戦は何年ですか

REON:1年です。

—あなたにとってGO BIGはどういうものですか

REON:FMXは前から好きだったのでGOBIGは見に行っていたんです。でも、自分がそこに出場するっていうのは考えたことがなかった。自分がそこに立つというのは想像もしていなかった場所です。

—今までのGO BIGで印に残っていることがあれば教えて下さい

REON:見ていた時は、あんなに飛べるんだなぁ、って思っていました。 でも、たまたま、東野行)さんが日本練習しているところを見ることが出来たんです。 東野さんの練習する姿勢が物凄くて、それでフリースタイルに対する印ガラッと変わりました。GOBIGってこういうことなのかな、思いました。

—今年からマッチメイク方式になることについてどう思いますか?

REON:もし、予選を通ることが出来て、今まで見ていただけの先輩達と一対一で戦えるってなったら、それだけで物凄く嬉しいです。

標は何位ですか?

REON:今回は予選通過が標です。 もっと経験を積んで、一位せるようになりたいです。

—皆様に一言お願いします。

REON:初参戦で、のことが分からない人も沢山いると思うんですけど、これからどんどん出ていきたいと思っているので、応援よろしくお願いします!

取材協 774Compound高橋

GO BIG 2017 開催概要

名称:GO BIG 2017【全日フリースタイルモトクロスFMX)選手権】催:GO BIG 実行委員会 開催日時:2016年 11月 4日(土) 10:00 開場 10:30 開演 ウエストポイントオフロードヴィレッジ [埼玉県川越市中老袋 150-1] 後援:バンザイマガジン チケット:4,000 円(前売) 4,500 円(当日)※特別観覧席(スタンド40 席限定もあります ※9月29日)18 時~ローソンチケットで発売開始(L コード31932URLhttp://l-tike.com/sports/gobig2017/