若手人気俳優の山崎賢人が、2018年1月期の日曜ドラマ『トドメの接吻(キス)』(日本テレビ系)で連続ドラマ初主演を果たすことがわかった。キャスト未発表の“キスで殺す女”に翻弄され、毎週死ぬ主人公を演じる山崎は「とことん愛に歪んだクズ男を演じていけたら」と主演作への思いを語っている。

【関連】「山崎賢人」フォトギャラリー

 本作は「接吻(キス)から始まる、死のタイムリープ」をコンセプトに描かれるオリジナル作品。ナンバーワンホストであり愛が歪んだ“クズ”な主人公・堂島旺太郎(山崎)は、過去のある事件をきっかけに、誰も愛さず、成り上がることだけを追う孤高の男。旺太郎は、資産100億とも言われるホテル王の社長令嬢を前に「今度のターゲットはこの女だ」と意気込むが、やがて現れた“ある女”のキスにより死を迎える。しかし、次の瞬間、彼は見覚えのある7日前の景色の中、意識を取り戻す。彼は、謎のキス女によって、何度も“死”と“時間”を繰り返す、“死のループ”を経験する羽目に…。

 山崎は、表の顔はイケメンで気配り上手な優しい男でありながら、裏ではカネと権力だけを追い求める“クズ男”という、これまでのイメージとは正反対な役どころに挑戦。番組の鈴木亜希乃プロデューサーは、山崎の起用について「愛と狂気は紙一重…奇抜な世界観で、山崎賢人さんの新たな魅力を皆さんにお届けできればと思っています」と語っている。

 本作において「初めて主演をやらせてもらうことになりました」と報告する山崎は、「僕自身SFが好きなので接吻で殺されて過去にタイムリープするという斬新な設定に今からとてもワクワクしています」と告白。「今回オリジナル(作品)なのでスタッフ・キャスト全員でこの冬最も奇抜で盛り上がるドラマを作っていけたらなと思います」と撮影への意気込みを示している。

 また、旺太郎を追いつめる“謎の女”や、旺太郎がターゲットとする社長令嬢・並樹美尊、美尊の兄で旺太郎の人生のライバルとなる並樹尊氏などを演じるキャストの顔ぶれは、9日以降毎週1人ずつ発表されていく。

 日曜ドラマ『トドメの接吻』は、日本テレビ系にて2018年1月スタート。
山崎賢人、連続ドラマ初主演作『トドメの接吻』で愛の歪んだ“クズ男”役に挑戦(C)日本テレビ