山崎賢人が日本テレビ系1月ドラマ「トドメの接吻」で、連続ドラマ初主演を務めることが決定した。山崎が演じるのは、愛を信じず、金と権力を愛し女性を手玉にとる、愛が歪んだクズなホスト・堂島旺太郎を演じる。堂島が“キスで殺される”前代未聞のストーリーで、“死のグループ”の謎を追う、スピード感あふれるストーリーだ。

【写真を見る】クズなホストという、新境地の役柄に挑む

■ 山崎が愛に歪んだクズなホストに!!

堂島は顔は良いが、“金の切れ目が縁の切れ目”で女を弄ぶナンバーワンホスト。そんな彼の前に、資産100億円とも言われるホテル王・並樹グループの社長令嬢が現れる。社長令嬢に迫る堂島だが、彼の前に青白い顔に真っ赤な唇の“ある女”が現れる。“ある女”が、堂島“死の接吻”を贈る。女の接吻により、堂島は呼吸困難、身体痙攣、異常な動悸の末、死んでしまう。しかし、堂島が目を覚ますと、数日前の風景、出来事や会話は繰り返され、同じ時間を繰り返していると分かる。堂島は、謎のキス女によって、何度も“死”と“時間”を繰り返す。

■ 山崎賢人コメント

今回連続ドラマで初めて主演をやらせてもらうことになりました。僕自身SFが好きなので接吻で殺されて過去にタイムリープするという斬新な設定に、今からとてもワクワクしています。今回オリジナルなのでスタッフキャスト全員でこの冬もっとも奇抜で盛り上がるドラマを作っていけたらなと思います。やるからにはとことん愛に歪んだクズな男を演じていけたらと思います。

■ 鈴木亜希乃プロデューサーコメント

これまで、「デスノート」「そして、誰もいなくなった」と必ず誰かが死ぬ連続ドラマを作ってきました。そんな流れの中で「ラブストーリーと掛け合わせてみたらどうなるんだろう?」と思い、生まれたのが「トドメの接吻」でした。愛と狂気は紙一重…奇抜な世界観で、山崎賢人さんの新たな魅力を皆さんにお届けできればと思っています!

山崎が“誰か”とキスをしようとする、衝撃的な写真