先日リリースされたwatchOS 4.1によって、Apple Watch Series 3のセルラー版では、LTE回線を使ったApple Musicやラジオのストリーミングが可能となりました。Appleはストリーミングを行なった場合のバッテリーの持続時間を、公式ページで明らかにしています。

さまざまな利用法によるバッテリー持続時間を説明

Apple Watch Series 3で、内蔵ストレージに保管した音楽を連続して聴いた場合のバッテリー持続時間は最高10時間とされています。一方、watchOS 4.1の公開により可能になった、LTE回線利用によるApple Musicのライブストリーミングを行なった場合のバッテリーの持続時間は最高7時間、ラジオのストリーミングを行なった場合の持続時間は最高5時間とのことです。
 
Appleはまた、Apple Musicやラジオ以外の利用によるバッテリーの持続時間についても細かく記しています。
 
たとえば、屋内でエクササイズをしながら心拍数などを計測した場合の持続時間は最高10時間、屋外でのエクササイズでGPSを使った場合は最高5時間、屋外でエクササイズしながらGPS、LTE通信を使用し、さらに音楽のストリーミングを行なった場合は、バッテリーの持続時間は最高3時間となります。
 
ただしバッテリーの持続時間は設定や電波の強さ、ストリーミングの音質設定など、さまざまな要因に左右されるため、記されている時間はあくまで目安です。

 
 
Source:Apple via MacRumors
(lunatic)

 
 

Apple Watch 3、LTE回線で音楽ストリーミングすると電池持続時間は7時間