11月9日(木)9時から第5話が放送される米倉涼子ドラマドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜9:00-9:54テレビ朝日系)に、間宮祥太朗ゲスト出演することが分かった。前人未到の29連勝を達成した藤井聡太四段をほうふつとさせる若き天才将棋棋士を演じる。

【写真を見る】天才プロ棋士を演じる間宮祥太朗は、着物姿も披露!

天才外科医と天才棋士の出会いを初共演の米倉間宮が熱演

第5話にゲスト出演する間宮祥太朗の役どころは、連戦連勝を重ねる22歳の天才棋士五反田五郎五段。自身の将棋経験について間宮は、「小さい頃、と一緒にやったことがあるので、ルールは分かるんです。でも、プロ棋士とは全然、次元違いますからね(笑)」と経験がありながらも、特定実在する棋士ではなくオリジナル棋士像をし、駒の持ち方や所作を教わりながら撮影に臨んだという。

そんな間宮は、フリーランス天才外科医・大門知子を演じる米倉との共演は、今回が初。米倉について「実は昔、スタジオでお見かけしたことがあるんです。『あぁ、芸界というところは、こんなにきれいな人がいるんだなぁ!』と思ったんですけど、今回も本当にキレイでした!」と初共演の喜びをった。

■ 未知子が直面する“人間 vs人工知能”のせめぎ合いも

一方、米倉は「最初に撮影したシーンで、とても上手に(将棋を)打っていたのでビックリしました!」と間宮を絶賛。さらに、「話しやすい雰囲気を持っている方だな、というのが第一印。実際にお話ししてみると、ポンポンと答えが返ってくるので、会話も撮影もとても楽しくできました」と笑顔で明かした。

米倉間宮天才同士の交流を演じる第5話のメインテーマは、現代社会投影した“人間 vs人工知能(AI)”のせめぎ合い。最後に、間宮は「病院屋上大門先生と向き合うシーンは、とくに肝となる場面なので、気を引き締めて挑みました」と見どころをアピールした。

■ 第5話(11月9日[木]放送)あらすじ

医療界のトップに君臨する内神田信(草刈正雄)は、ある思惑から「東大学病院」に最先端の人工知能診断システム「ヒポクラテス」を使うよう提言した。病院長の蛭間重勝(西田敏行)は内神田に従おうとするが、外科副部長井高(段田安則)はAIによる診断に懐疑的な姿勢を見せる。

そんな中、世界最強将棋ロボットと対局中だった若き天才棋士五反田五郎(間宮)が腕のけいれんを起こして意識を消失し、東大学病院に運び込まれた。病名を特定できない井は、当初反対していたヒポクラテスの診断結果を受け入れ、腫瘍と断定する。フリーランス天才外科医・大門知子(米倉)は、「なんか違う」と反論するものの、彼女も病名を特定できずにいた。

その後、腫瘍の疑いがますます濃厚になった五反田は、ヒポクラテスが示した手順に従って腫瘍の手術を受けることに。AIが診断した症例を失敗させるわけにはいかない蛭間は、未知子を執医に名する。未知子は「いたしません」と突っぱねるが、そのとき彼女裏をあるがかすめた。

11月9日(木)放送の第5話では間宮祥太朗と米倉涼子が初共演を果たす