お騒がせタレント泰葉が、未払いとなっているCD制作費の工面に苦戦しているようだ。

 9月に発売予定だったアルバム『フライディ・チャイナタウン』が、自身の資不足によりプレス直前で頓挫した泰葉。関係者によれば、音制作費用など約600万円の制作費は、いまだ未払いのままだという。

 そんな窮状を打破するべく、泰葉は先18日、クラウドファンディングサイトCAMPFIRE」上で「泰葉不朽の名曲チャイナタウン社会貢献」というプロジェクトを立ち上げ、出資者を募集。一口3,000円で、額は300万円だったが、締切日までに36人から計16万7,000円しか集まらなかった。

 なお、プロジェクト的は「財団法人泰葉こども」を設立し、恵まれない人々を応援することだといい、出資者へのリターンとして6曲入りのアルバム『フライディ・チャイナタウン』が届くという。

 また、募集要項には「額に達成せず終了した場合でも、リターンお約束します」とあるものの、締切後のコメントでは「仮に最終額に満たなかった場合は全額いたします」と違った説明が。どうやら、300万円へ向けて、今後も同じ内容のクラウドファンディングを繰り返し行うようだ。

「この調子だと、アルバム制作自体なくなりそう。それよりひとつ気になるのが、全額する可性があるとしながらも、すでに支援の一部を『あしなが育英会』に寄付したとブログで報告していること。今後、支援者とのトラブルに発展しなければいいですが……」(芸記者

 先31日のブログを見ると、「あしなが育英会さまに心ばかりですがご寄付をいたしました クラウドファンディングに投資いただいたみなさま ほんとうにありがとうございました」と、振り込み用をこちらに掲げる泰葉の姿が確認できる。

「同じ日に泰葉は、『どうやら、心の病が治ったようです、、、』とのタイトルブログ投稿。『歩いてまで行きました に行けたのは初めてです』などとっている。8月には、元マネジャー男性宅の玄関前に“脅迫状”“中華包丁”“のフン”を放置するという異常行動を見せた泰葉だけに(関連記事)、メンタル面が心配です」(同)

 アメブロのアクセス数は上位をキープしているものの、本当のファンの少なさが露呈した泰葉クラウドファンディング詐欺事件に発展しなければいいが……。

泰葉オフィシャルブログより