10月22日に東京の両国国技館で行なわれたアッサン・エンダム(フランス)と村田諒太のWBA世界ミドル級タイトルマッチは、全米でも生中継された。アメリカ東部の時間で朝7時からという放送時間もあって、大きな話題になったわけではないが、ロンドン五輪金メダリストのスター性が認められている証(あかし)だろう。

そして、村田が7回TKOで勝利した後、多くのメジャー媒体は新王者に対して好意的な評価を下した。

「リマッチではジャッジの手に委ねることなく村田が決着をつけた」(EPSN.comダン・レイフィール記者)

「村田は5月のやり残しを仕上げた。エンダムはプロ初のKO負け。今回の結果は村田、帝拳ジム、そしてプロモーターのボブ・アラムをほほえませた」(リング誌ライアン・サンガリア記者)

このように、村田が5月の第1戦に続いて、事実上はエンダムに2連勝していることを示唆した。さらに、ボクシング専門のウェブサイト『ボクシングシーン・ドットコム』のマイケル・ローゼンタール記者は、「今週中に世界で行なわれた全興行の中で最大のウイナー」に村田を選出。この週はイギリスでWBA、IBF世界バンタム級王座統一戦、アメリカでもWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチなどが開催されたが、村田の勝利が最も価値があったとみているのだ。

現在のミドル級は極めて層が厚い。村田本人が「僕より強い王者がいることもみんな知っている」と語ったとおり、階級の頂点にはWBAスーパー王者で、WBC、IBFの王者でもあるゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、元WBC王者サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)などが君臨。WBAのレギュラー王者になった村田だが、ゴロフキンやアルバレス、元WBA王者ダニエル・ジェイコブス(アメリカ)らより序列的にはまだまだ下なのだ。

だからといって、「村田が奪った世界タイトルには価値はない」などと言うなかれ。世界王座認定団体が増えた現代では、世界王座が名刺代わりなのはよくあること。「WBA正規王者」という立派な名刺を手にしたことで、“リョウタ・ムラタ”の名前は世界の強豪の視界にも入ってくるはずだ。

「村田はよく訓練されていて、頑強で、誰にとっても厄介な相手。ただ、特別な武器を持っているわけではない。ミドル級のコンテンダー(挑戦者)たちとは競い合えるが、次のレベルにいる選手たち(ゴロフキン、アルバレス、ジェイコブスら)が相手では苦しいだろう」

前出のローゼンタール記者はそう記し、ビッグスターたちと対戦した場合、村田が勝利するのは難しいとみている。しかしその一方で、「彼は、私の意見が間違っていることを証明する機会を得るはずだ」とも述べ、村田が近い未来に大舞台に立つことを予想している。

その言葉どおり、世界タイトル獲得で商品価値を上げた日本のヒーローが、真のビッグファイトを行なう日はそう遠くないのだろう。大舞台へのチケットを手に入れたという意味で、エンダム戦での村田の勝利には計り知れない価値があったのだ。

(取材・文/杉浦大介 写真/山口裕朗/アフロ)

商品価値を上げた村田諒太に外国人記者の評価は? 「次のレベルにいる選手たちが相手では苦しいだろう」