大学の入学式を終え、まだ右も左もわからない新入生が立ち向かうことになる一大イベント・履修登録。その学期に履修する授業を選び、決定して登録申請をする大学ならではの授業の受け方です。履修登録は、ただ時間割を組むだけではありません。これから半年間・一年間の学生生活をどう過ごすかの計画の第一歩となるものです。わからない点があれば、先輩や先生、教務課などにしっかりと確認しながら行うのがおすすめ。なんとなくわかったつもりでテキトーに行ってしまうと、必要な単位を取り逃すなど、あとで後悔する場合もあります。今回は履修登録をするときに気をつけるポイントを、先輩大学生の成功例や失敗例から紹介します。履修登録の際にはぜひ参考にしてみてください。



■新入生として初めて履修登録をするとき、誰かに相談しましたか?

東大生の用語辞典・意外と知らない自治会や組織4つ「モンキー出版」「時代錯誤社」

はい 554人(55.1%)
いいえ 451人(44.9%)

履修登録は、これから何年間かの大学生活はもちろん、ひいては就職活動や働き方にも影響する大切な手続きです。新入生であれば、大学側から特に丁寧なガイダンスは行われるでしょう。けれども、登録方法はわかっても、どんな科目をいくつ登録するかは自分で考えて決めなくてはなりません。半数以上の人は、誰かに相談しながら登録した慎重派。残り半数は、相談せずに自分一人で登録したようです。

■あなたが相談した相手は誰ですか?

1位 大学の先輩 209人(37.7%)
2位 大学の友だち 193人(34.8%)
3位 両親 34人(6.1%)
4位 大学の教授 32人(5.8%)
5位 大学のキャリアセンター・教務課 31人(5.6%)

1位の先輩は、上級生に知り合いがいたり、入学そうそうに入ったサークルの先輩などに聞けた人ですね。聞ける先輩がいない人は、2位の友だちに聞いたと思われます。3位、4位、5位の大人たちに相談した人は、グッと少数に。大人たちをあまり頼りにしていないのは、楽に単位が取れる科目など本音の情報が聞けないからでしょうか。

■わからないことがあれば、誰かに相談!

先輩に相談した理由の代表的なものには、「楽単を教えてもらった(男性/20歳/大学2年生)」というように、楽に単位を取れる科目を知りたいという、大学生の正直な気持ちが表れています。また、「資料の情報量が多く、整理しにくかったため(男性/18歳/大学1年生)」と、不慣れな作業に戸惑って相談したケースも多いようです。

同じ科目を取るために友だち同士で相談した人は、「同じ授業に知り合いがいたほうがわからなかった点を後で教え合う事が可能だし、授業後に一緒に何かする事もできるため(男性/22歳/大学4年生)」と、単に友だちと仲良くしたいだけではなく、しっかりと先のことを考えている様子がうかがえます。「大学にそういう窓口があったので利用した(女性/20歳/大学2年生)」など、大学で相談窓口を設けている場合もあり、まだ知り合いがいないというときにも安心ですね。

それでは続いて、履修登録に成功した人、失敗した人の割合や成功例・失敗例を見ていきましょう。

■新入生のとき、初めての履修登録には成功しましたか? それとも失敗しましたか?

成功した 848人(84.4%)

失敗した 157人(15.6%)

8割以上の人が、初めての履修登録に成功したと回答しています。誰かに相談しなくても成功した人、相談したけれども失敗した人もいました。どちらかと言うと、誰にも相談しなかった人のほうが失敗してしまう割合が高かったようです。履修登録の際には、アルバイトや部活動とのバランスや、将来やりたい仕事のための資格試験に必要な科目が履修できているか、車の運転免許の取得時期など考慮に入れたい項目が多岐にわたります。成功した先輩などに話を聞いておいて損はなさそうです。

次に、履修登録で失敗を経験した事がある人の経験談話を見てみましょう。

■今までの履修登録で、実際にやってしまった失敗があれば教えてください。

1位 単位を取得するのが難しい講義を履修してしまった 195人(19.4%)
2位 履修する必要がない講義を登録してしまった 82人(8.1%)
3位 取ろうと思っていた選択科目を取り忘れた 66人(6.6%)
4位 履修登録の締め切りを間違えていた、忘れていた 51人(5.0%)
5位 必修科目を取り忘れた 41人(4.0%)

1位の「単位を取得するのが難しい講義を履修」は、高いレベルを求める先生の講義で時々見受けられるようです。実際に授業を受けてみないとわからないこともありますが、よく考えてから登録したほうがよさそうですね。2位、3位、5位は、うっかりとやってしまいそうな科目の取りすぎ、取り忘れ。これは、提出前に登録内容をしっかりと確認することで防げそうです。4位の締め切り間違いは取得単位数が0になる可能性もあり、本当にシャレになりません。登録は早めに完了しましょう。

今回のまとめ:失敗例を参考に、注意して履修登録をしよう


ポイント1. 初めて履修登録は、先輩や友達に相談した人が約7割
ポイント2. 初めての履修登録に成功した人は約8割、失敗した人は約2割
ポイント3. 「単位を取得するのが難しい講義を履修してしまった」という失敗が多い


大学生の先輩たちも、いろいろと履修登録で失敗しているようです。大学に入ると、さまざまなことを念頭に置きながら、自分で自分の時間割を作ることになります。科目の履修だけではなく、アルバイトや趣味、資格試験の勉強なども、視野に入れることになるでしょう。単位数が足りなかったり、必修科目を取り忘れたりすると、卒業が危うくなり笑い話ですまなくなることも。なかには土下座で乗り切ったという強者もいますが、普通に卒業できるのが一番です。先輩方の失敗例から履修登録のうっかりポイントを知って、注意するようにしましょう。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年9月
調査人数:男子大学生503人 女子大学生502人