ホリエモンこと、堀江貴文さんがTwitterで「(保育士は)誰でもできる仕事」とつぶやいたことは反響を呼び、現場に近い人たちからは批判を浴びた(参考:現場にいればわかる、保育士が「誰でもできる仕事」ではない理由)。

 一方で、現役の保育士の中には、ホリエモンがツイートした意味を理解しようとする人もいた。悩みを抱える保育士に向けた「保育士が辛くなった時に見るサイト ほいくSee!」(https://hoikusee.com)の管理人で、保育士歴8年のヨーコ@保育士ママさんだ。

 ブログの中で「結論から言うとホリエモンさんの考え方は合っています」と書いている、ヨーコ@保育士ママさんに話を聞いた。

「コピペって何?」と聞いてくる人も

――ホリエモンのツイートについてどう思いましたか?

ヨーコ 最初は「え? なんでこんなこと言うの?」と思ったんです。どちらかというとムッとしました。ただ、ホリエモンさんが以前に介護士に関しても似たようなツイートをしていたので、どんな考え方の持ち主なのか興味がありました。冷静になって考えてみると、ホリエモンさんのツイートの内容には一理あると感じています。

――作業の効率化についてどう考えますか?

ヨーコ ホリエモンさんが言うように効率化は必要だと思います。一般的に、保育園では新卒で保育士になる人がほとんど。その中で、古くからの習慣化されていること、例えば、「手書きの暖かさを大切にすること」などが根付いています。わからなくはないですが、そのために作業効率が悪くなり、子どもたちの保育にしわ寄せがいっています。改善の余地があります。

――指導案も手書きですよね。

ヨーコ 役所の監査にかかわっています。手書き書類で提出しなければいけないこともあります。そういう前例も変わっていけばいいと思うんです。

 何しろ、パソコンに弱い職員が多い。エクセルやワードのような一般的な事務作業で使うソフトを使えないのです。いまだに人差し指でキーボードを押している人がいますし、キーボードやマウスの使い方も慣れてはいません。「右クリックって何?」という感じです。「コピペって何?」と聞いてくる人もいて、びっくりしちゃいます。30歳オーバーの保育士では普通なんだと思いますし、意外と新人でもパソコンを使えない人が多い。「しょうがないよね、保育士だから」という空気がまだあります。

 子どもたちが昼寝をしている間に書類仕事が終わらないと、お昼を食べながら手を動かすか、自宅に持ち帰ることになります。慣れてしまえば、手作業よりもパソコンでの作業のほうが速いと思うんですよね。

 ブログのエントリー「ホリエモン『保育士は誰にでもできる仕事』発言で炎上!保育士の私から言わせてください」のコメント欄には、園が保護者と連絡するためのスマホアプリがあるとの書き込みがありました。私もそこで初めて知りました。今度、自分が働いている園でも提案してみようかなと思っています。

 現在は手書きの連絡帳です。コメントは5行ほど書くようにしていますが、個別のコメント以外にも、「ご飯をどのくらい食べたのか」など保育園での過ごし方についても記入します。そのため、一人につき5分くらいかかります。アプリを調べてみたら、コメント以外の部分はタップするくらいです。コメント入力も手書きより楽です。効率化のヒントは得られました。

――効率的ではない作業は他にもありますか?

ヨーコ 誕生会や行事の作り物にも時間がかかります。たしかに、手作りをすれば「保育園らしさ」は出ると思います。園長のこだわりもあるかもしれません。ただ、就業時間内に終わるのは難しい。どうしても残業か持ち帰り。そのため、事務作業だけでも効率化は必要でしょう。

 例えば、私の園では、数年前まで卒園アルバムをその都度作っていました。私がテンプレートを作成して、毎年写真の入れ替えをして印刷業者に出すようになり、だいぶ作業時間が短縮しました。また、行事ごとの写真はホームページの保護者専用サイトにアップロードしていましたが、写真撮影から販売まで行ってくれる業者に外注することで、園での作業はなくなりました。

前職の経験を保育に生かすという発想

――ヨーコさんは、これまで勤務先の保育園をいくつか移っていますね。

ヨーコ 以前は、認可外保育園で働いていました。当時は手取りが月13万円ほど。この頃から、受験資格を得るために保育補助として働きながら試験勉強をしていました。そして保育士資格試験に合格した後、転職しています。今は認可保育園で勤務しています。当初は月約15万円だった手取り給料は、月約18万円まで増えました。

 転職するときには、「転職サイト」を使いました。私は2つ登録しました。転職サイトの担当者から連絡が来て、今の自分の悩みや「もっとこうした仕事をしたい」と伝えると、希望に近い園を見つけてくれるのです。

 時給の設定や月給の設定は、保育園ごとにばらつきがあります。残業の有無によっても違ってきます。私は、以前、パソコンを使う仕事をしていました。PCスキルのある保育士が少ないこともあり、園でのパソコンを使った作業は任せていただきました。クラス担当としての人数には入っていませんが、お給料はアップしています。具体的な作業としては、毎月の「お便り」のテンプレートや行事のプログラムを作ったりします。日々の書類以外のものを作るのです。そのため、他の保育士さんは、だいぶ負担が軽くなっていると思います。

 それまで前職の経験を生かすという発想はありませんでした。保育の現場に役立つと思っていなかったんです。園長先生がその可能性を見出してくれました。

――前職では、どんな仕事をしていたのですか?

ヨーコ ホームページ制作会社で働いていました。月給は20万~30万円でした。子育てしながら、パートで働いていました。あるとき、保育園のホームページを作る仕事があり、先生の気持ちや、どんな思いで仕事をしているのかを知ることができました。特に0~2歳はいろんな臨界期があると言われています。そんな大切な成長の段階でかかわる仕事って、他にないと思ったんです。「給料は今より安くなる」と言われましたが、そんな奥深い話を聞いて、それでもやってみたかった。もともと子どもとかかわることが好きだったこともあり、転職を考えました。

 夫は普通のサラリーマンです。理解がありました。生活をしていくお金があれば、たくさんは必要ありません。その代わり、夫とは生活費を切り詰める約束をしました。「これだけのお金で生活をしなさいよ」と。

――保育士になって刺激を受けたことはありますか?

ヨーコ 「本当に心の綺麗な大人がいるんだな」と思いました。保育業界は女社会なので陰湿なことがあったり、派閥があったりもしますが、そういうのは一部の人だけ。本当に、子どもと接することで気持ちが浄化されていく。だから、みんなやっているんだろうな。

――保育士になって、自分の中での変化はありましたか?

ヨーコ 「保育士あるある」かもしれませんけど、日常生活でも子どもに語りかけるような口調が出ちゃいます。自分の子どもへの接し方も変わりました。人と関わる仕事が好きだったんだな、と思います。

――ホリエモンのツイートから学ぶことはありましたか?

ヨーコ 保育士資格を得るには受験資格を得て、国家試験に合格する必要があります。しかし、専門性と言われている知識は必ずしも保育士に限られたものではありません。そのため、資格プラスアルファを身につける努力が必要でしょう。私の場合ですと、パソコンのスキルです。給料の額面はあがりませんが、効率化によって働く時間が減れば、実質賃金は上がったことになります。

 また、保育士不足の問題を取り上げてくれるのはありがたいですが、潜在保育士が復帰しにくい現状があります。保育士資格を持っている方は女性が多いので、自分の子どもを預けることもある。改善しないと人手不足が解消されない問題は、給料面以外でも多々あります。

 お子さんの大切な時期に、どうしたら可能性を伸ばせるのか、お子さんが笑顔で両親と過ごせるのか。真剣に考えている保育士はたくさんいます。安心して預けていただけるように、一人ひとりが自信や、やりがいをみつけていってほしい。作業の効率化や給料があがらない理由を考えるきっかけになりました。ホリエモンさんには感謝しています。

(渋井 哲也)

©iStock.com