――著書『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』(講談社)が大ヒット中の経営戦略コンサルタント・鈴木貴博が徹底未来予想!

 昔からあった物で、それが生活の中にあるのが当たり前だと思っていた物がいらない時代がやってきた。すでにネクタイはサラリーマンの生活には必要がない時代になって久しい。これから先の10年で、さらに色々なものが次々となくなっていくはずだ。では早速、筆者が予想した「なくなってしまうと予測されているもの11のリスト」をご覧いただこう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/11/post_14946.html】

 まず最近の個人的な話から始めよう。スマホの支払いが高いので格安スマホに代えようかと思って乗り換えを考えてみた。損得を計算しながらふと気づいたのだが、スマホは割高なキャリアのままでいいからそのまま据え置いて、固定電話を解約したほうが安くなるのではないのか?


●なくなってしまうもの1、固定電話

 無くなってしまうもののリストの筆頭にあるのが固定電話だ。いや、我が家以外ではもうすでにかなり無くなってしまっているらしい。なにしろピーク時には6,322万回線あった固定電話は、今は2,100万回線にまで減っているのだ。いまだに自宅に固定電話のある家庭は世の中の少数派というのが現実だ。

 考えて見ればここ1カ月でかかってきた固定電話は「不動産を買いませんか?」というようなセールス電話や、自動音声で「選挙についての簡単なアンケートにお答えください」というような問い合わせばかり。意味のある連絡は親戚のおばちゃんから「どうしてる?」という電話一件だけ。

 以前は「固定電話がない家庭では口座を開くことができない」というような金融機関があったが、今ではそんなこともない。

 それで早速固定電話は解約することに決めようとしたのだが、ふと思うと電話を解約してしまうとひとつだけ困ることがある。ファックスをどうしたらいいのだろうか?


●なくなってしまうもの2、ファックス

 ファックスも、普段着信があるのは勝手に広告が送られてくるようなものばかり。ただ筆者のように文筆業も行う場合、なぜか取引先が「ファックスで送ってください」という場合が結構ある。赤ペンで校正した手書き修正原稿を送る場合にそう指定されるので、疑問ももたずにファックスを使っていた。

 それでふと思って、ファックスの代わりに手書き原稿をPDFに読み込んで、メールで送ってみたら、それで全然良いらしい。というか、聞いてみたらその方が担当者としても楽だという。だったらファックスも要らないということがわかった。

 しかし、ファックスを使わなくても、結局はPDFを作成するのにコピー複合機は必要だ。だから機械本体は無くならないのではないだろうか?


●なくなってしまうもの3、コピー複合機

 複合機が必要な理由はファックスを使うからではなく、コピーやスキャナーの機能も利用するからだ。「でも待てよ」である。昔はコピーやスキャナーが必須だった仕事の現場でも、続々とコピーマシンが消え始めている。

 先日、携帯を買い替えた際に、身分確認のために運転免許証を手渡したときのことだ。店員さんは免許証をコピーする代わりに、スマホでパシャリと写していた。スマホで免許証を撮影するとナナメな台形の写真になるのだが、そこで店員さんが何やらボタンを押したら、申込書にはきちんと長方形に補正された免許証が印刷されていた。コンピューターにとっては適当に写真で撮ったものをきちんと四角い書類に変換するのは簡単な仕事なのだ。

 そう考えればコピーマシンでアームが一往復する手間よりも、スマホでパシャリとやってそれを長方形に画像補正する方が人間側も手間としては楽である。本をコピーするのにはコピーマシンのガラスにぴったりと押し付ける必要があったのだが、その作業も、最新の技術を使えば、曲面のまま撮影した本の画像を自動補正すれば元の長方形の本になる。見開きでコピーした本もページごとにファイル保存も簡単にできる。

 つまりフラットヘッドのコピーマシンの読み取り装置は実はもう不要の産物で、コピーやスキャニングしたいものはすべてスマホの高画質カメラに置き換えることができるのだ。そう考えると、家庭や事務所に必要なものは一番安くて小さなプリンターがひとつあれば、電話もファックスもコピーマシンも要らないということになる。


●なくなってしまうもの4、シーリングライト

 震災の原発事故がきっかけの電気料金値上げのせいで、古い家電製品は買い替えたほうが電気代が目に見えて節約できるようになってきた。それで自宅では白熱電球や蛍光灯をLED電球に取り替えるようにしてみた。

 それで気づいたのだが、ここ数年でLED電球の性能がずいぶん上がっている。LED電球では明るさをルーメン(lm)という単位で示すのだが、以前は一番明るくても500ルーメンぐらいの電球が上限だったのが、現在では100w相当の1520ルーメンまでLED電球の明るさが上がってきた。中には120w相当と書かれた1890ルーメンの電球も販売されている。

一方で、6畳間を照らすための大きなシーリングライト(天井照明)だが、その明るさはだいたい3000ルーメン程度である。いままでは円形の蛍光灯を3つぐらい組み合わせないと部屋がその明るさにはなかったので天井にはシーリングライトを設置するのが当たり前だったのだが、実は今、天井に一番明るいLED電球を2個、二又ソケットで設置するとシーリングライトと同じ明るさになる。

 たぶん来年あたりには電球をひとつ設置すれば部屋中が明るくなるようなひとつで3000ルーメン級のLED電球も登場するだろう。そうなると天井には小さな電球ひとつと、ソケットの部分を隠すお洒落なカバーがあれば十分になる。部屋の天井に大きな灯りを設置する時代はもうすぐ終わりになるだろう。


●なくなってしまうもの5、キーホルダー

 東京の丸の内にあるような大企業のオフィスで勤務をしている人はご存知ないかもしれないが、つい20年前ぐらいまではどんな大企業でも社員は会社の鍵を持ち歩いていたものだ。定時になるとオフィス正面のガラス扉に鍵がかけられて、残業する社員は通用口から帰る。一番最後に退社する社員は忘れずに通用口に鍵をかけて帰るのが日常だった。

 今、大企業の社員は社員証で電子錠を開錠してオフィスを出入りする。その方が、いつ誰が出入りしたかも管理できるし便利なのだ。それでこれから先、自宅の鍵も徐々に電子錠に変わっていくらしい。家に帰るとスマホで鍵を開錠して自宅に入るのが普通になる。

 自宅がスマートキーになったほうが何かと便利である。スマートキーは見知らぬ人を中に入れないだけでなく、承認した人は勝手に入ってもらうこともできる。だから宅配便も再配達なしに電子錠を開けて家の中に届けてもらうようになる。賃貸マンションでは入居者が代わるたびに、鍵を取り替えなくても番号を変えれば新しい人にすぐに対応できる。

 もうすぐ世の中から鍵がなくなってしまうのだが、実はそれよりも早く、キーホルダーが街角で売られなくなってきた。ガラケーに必要だったケータイストラップともども、鍵のいらない世界ではキーホルダーも世の中から姿を消してしまうだろう。
(文=鈴木貴博/経営戦略コンサルタント)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像は、「Thinkstock」より