連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 〜土 8時〜、BSプレミアム 〜土 あさ7時30分〜)
第5週「笑いを商売に」第27回 11月1日)放送より。 
脚本:吉田智子 演出: 東山充裕

27話はこんな話
土地を担保に一発逆転をかけたビジネス電気髪結い機、略して電(パーマ機)が大失敗。途方に暮れてを出たっきり帰らない吉(松坂桃李)を心配し、てん(わかな)が探し歩くと、そこには・・・。

ダメ男・吉、ついに、女にもだらしない面を見せるか! 
中、探し歩いてようやく訪ね当てた長屋リリコの)で、吉はハダカでうつ伏せになっており、リリコ(広瀬アリス)が親密に寄り添っていた。
リリコ「あんた 気持ちええか」
吉「ああ気持ちええな」
さすがのてんも笑っていられない。怒る。はたく。
だが、吉は、膏を貼ってもらっていただけと弁解。子供の頃から芸人一座で家族のように暮らしてきたから、ハダカを見せることなど慣れているらしい。
そういうことも確かにあるだろう。
てんは、正式に結婚してないし女中部屋で暮らしているということは、おそらくまだ清らかな身のはず。
そんなおぼこいてんに、リリコは、自分だけが知っている吉の生々しいところをひけらかすようにる。

リリコの長屋、色とりどりの大入り袋がたくさん貼ってあるのが、かわいい

ごりょんさんが成敗、成敗 
吉が、を抵当に借をしてしまったことを知ったごりょんさん(鈴木香)。
血相変えてリリコのに駆け込んできて、「成敗したる」とを振り上げた。
「ついに傷沙汰でございます」(ナレーション小野)でつづく。

まるで、長屋コント藤井隆の登場で、にわかに商業演劇ふうになって参りました。このままこのノリを定着させてしまえばいいような気がする。

今日の、わろ点
藤井隆の体当たり芸と電コントの2本です。

まずは、電コント
キース大野拓朗)が買い付けてきた舶来の電を試してみると、煙がモクモク出てきて大変なことに。
試しに電気釜をかぶった藤井隆が、事態に気づかず、ニコニコキラキラしたな顔が、やがて泣き顔になる落差が溜まらない。

そして、体当たりコント
吉本新喜劇で、芸人さんが、全でものにぶつかっている、あの感じ。
初登場のときも吉蔵は店から飛び出して対面にぶつかって、もう一回反対側にぶつかる。
今回もその動きを、きっちり再び。
こういう芸は、カラダが資本。頭が下がります。

今日の、おてんちゃん
吉の足取りを追って、やってきた吉蔵(藤井隆)の店で、彼の笑えない芸(うしろ面)を見ても「笑いは人を癒やすやと思うとります」と励ます。
種問屋のだけに、というのはどうでもいいが、てんはいい子。そして、わかなは、お料理しているときの所作などがすっとしていて、感じがいい。
いわゆる気なヒロインではなく、賢げで、々しく、鈴木保奈美がであることがピッタリ。
だからこそ、なぜ、吉なのか・・・これが、このドラマ、最大の疑問である。
(木俣

イラスト/まつもとりえこ