チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節が11月1日に行われ、ナポリとマンチェスター・Cが対戦。敵地に乗り込んだマンチェスター・Cが4-2と打ち合いを制し、4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 開幕10戦負けなしのプレミアリーグに加え、CLグループステージも4連勝と盤石の戦いを続けるマンチェスター・C。ナポリ戦で決勝ゴールを挙げたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、マンチェスター・Cの歴代最多得点記録更新を果たした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 アグエロはナポリ戦の69分、ペナルティーエリア手前でこぼれ球を拾うと、右足シュートをゴール右隅へ決めた。2-2の同点とされた7分後に記録した勝ち越しゴールが、マンチェスター・Cを勝利へ導いた。

 報道によると、アグエロはマンチェスター・C加入後の得点数を「178」に伸ばし、クラブ歴代最多記録を更新したという。元イングランド代表FWエリック・ブルック氏と首位タイで並んでいたが、ナポリ戦でのゴールで単独トップに立った。

 アグエロは2011年夏、アトレティコ・マドリードからマンチェスター・Cへ移籍。今シーズンで加入7年目を迎えている。交通事故に巻き込まれて負傷し、離脱を強いられるアクシデントもあったが、プレミアリーグでは7試合出場で7ゴールとハイペースで得点を重ねている。クラブ歴代最多得点記録をどこまで伸ばすか、今後の活躍にも注目だ。

 なお、マンチェスター・Cのグループステージ次節は21日、フェイエノールトとのホームゲーム。直近の公式戦は5日に行われるプレミアリーグ第11節で、アーセナルをホームに迎える。

ナポリ戦で勝ち越しゴールを決め、マンC加入後178得点目を記録したアグエロ [写真]=NurPhoto via Getty Images