就活といえば黒色無地のスーツを着用する印象が強いだろう。

しかしとある面接に紺色のスーツを来て現れた青年に、面接官が「珍しいね」と質問。

すると驚くべき答えが返ってきたのだ・・・。


なんと彼の父親は宮内庁で働いていたとのこと。

皇族の行事に関する仕事をしていたのだから、作法や礼儀に関して確かな知識を持っているのは言うまでもない。

そんな父を持つとは知らず、にわかな知識で口を挟んでしまってはさぞ恥かしかっただろう。

この青年に対して「正論だ」というコメントが多く届いている。

■Twitterの反応






こういった際の服装や作法に関しては、大の大人でも知識が乏しい人も多い。

恥をかきたくないのであれば、しっかりと調べてから臨むのが懸命だろう。


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

紺色のスーツで面接に来た青年→彼の正体に面接官は言葉を失うwww