敵地でトットナムに1-3と黒星、グループステージでは5年ぶりの敗戦

 

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第4節が現地時間1日に行われ、グループHで大会2連覇中のレアル・マドリードが敵地でトットナムに1-3で完敗。2012年以来5年ぶりとなるグループステージでの黒星となったが、レアルの“機関紙”はトットナムの1点目がオフサイドだったと主張している。

 

 聖地ウェンブリーで行われた一戦で、“白い巨人”は3失点というよもやの屈辱を喫した。だが、1点目は正当なゴールとは呼べないと、レアル寄りの論評で知られるスペイン紙「マルカ」が主張している。

 

「ウェンブリー・スタジアムはトットナム対レアル・マドリード戦の前半に爆発した。ホームチームがリードを奪ったが、リプレーはカウントすべきではなかったかもしれないと示唆している」

 

 記事が指摘したのは、前半27分に生まれたトットナムの先制点の場面のことだった。ピッチ中央からMFハリー・ウィンクスが、右サイドを駆け上がるDFキーラン・トリッピアーにロングパスを送る。このボールをトリッピアーがダイレクトで折り返し、最後はゴール前に走り込んだMFデレ・アリがスライディングシュートで先制点を決めた。

 

 

トリッピアーが少し前方にいる画像も掲載

 

 だがリプレーを確認すると、これはオフサイドだったと記事では主張。ウィンクスがパスを放つタイミングで、レアル最終ラインで最後尾に位置していたDFセルヒオ・ラモスより、右サイドのトリッピアーが少し前方に位置している画像も掲載している。

 

「彼がチームメイトのゴールをアシストした時、トリッピアーはオフサイドの位置からスタートしていた。トルコ人レフェリーのサキルにより、キャンセルされるべきだった」

 

 レフェリー専門評論家オリビエ氏の「ラジオマルカ」での論評も紹介。もし、この疑惑の1点目がなかったら、勝負の行方は変わっていたのかもしれない。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ