アトレティコ・マドリードに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、来年1月の移籍市場で同クラブを退団することを決断したようだ。スペインラジオ番組『エル・ラルゲーロ』での報道内容を引用し、スペインアス』が11月2日に伝えた。

 報道によると、F・トーレスは来年1月の移籍市場アトレティコ・マドリードを去る決断を下したという。同選手は今シーズン、出場機会に恵まれていない。リーガ・エスパニョーラでは第10節終了時点で6試合出場(先発は1試合のみ)にとどまり、得点。ディエゴ・シメオネ監督の信頼を得られていないと感じているようで、移籍を決断したという。

 なお、同選手の移籍先補にはアメリカ中国が挙げられている。すでに複数のオファーを受けている模様で、来年1月の移籍に向けて検討を進めていくようだ。

 アトレティコ・マドリード現在、補強禁止処分の影スペイン代表FWジエゴ・コスタ公式戦で起用できない状態だが、年明けには出場解禁となる。時期を同じくして、F・トーレスクラブを去ることとなるかもしれない。今後の動向に注だ。

今季は出場機会に恵まれていないフェルナンド・トーレス [写真]=Getty Images