「ポスト浅田真央」と一躍注目を浴び、シニアデビューとなるGPカナダ大会でも上位入賞を期待されていた女子フィギュアスケートの本田真凜選手。しかし、結果は総合5位というほろ苦いデビュー戦となった。

 さらに、試合後のインタビューで浜田美栄コーチが異例の辛口コメントを繰り出したことで、スケートファンの間でも本田選手への辛辣コメントが噴出しているという。

「『練習不足ってシニアをなめるな』『マスコミにちやほやされてその気になっていてはいけない』などのほか、『浅田真央や羽生結弦は極限まで自分を追いつめ切磋琢磨し、その常人ではできない努力にもファンは感動していたのだから、その姿勢を見習って』など、浅田や羽生選手を引き合いに出してのコメントがたくさん飛び交っています。本田姉妹のスタンスについては、以前から疑問の声があがっていました。妹の望結はスケートの選手としても頑張っていながらも女優としての仕事も多く、数年前にはプルシェンコから『スケートか女優か、どちらかにすべき』と言われていたにもかかわらず、いまだに二足のワラジをはいています。真凜も、以前はマスコミにはあまり登場せず、スケートに専念しているように見えましたが、妹と同じモデル事務所にマネジメントを委託してからメディアへの登場が急増。スポーツできちんとした結果を出したいのであれば、そういう余裕はないはず。ただでさえ、学校と競技の両立だけでも大変なのですから」(スポーツライター)

 単純に、練習量を増やせば挽回できるというものではないのかもしれない。しかし、浅田も羽生選手も輝かしい成績があってこその人気。選手以外の活動が悪目立ちして、ファンが離れることにならなければよいのだが。

(芝公子)

アサ芸プラス