長崎県佐世保市岳(しらたけ)自然公園の看で、スズメバチに襲われた登山客を守ろうとして自らが標的になった「ロン」は、それから1かが経ってすっかり元気になった。

とはいえ、2度刺されると死に至る危険もあるアナフィラシーショックの恐れもあり、ツイッター上などで気にかけるも出ている。

勇気に感した」などとロンを讃える続々

「一時は、もうだめかと思うくらい弱ってましたが、もう元気です。ご心配していただき、本当にありがとうございました」。ロンがいる自然公園内のレストラン2017年11月1日店長ブログ更新してこう報告した。


自然公園では、9月30日10月1日の土日に1泊で「自然に親しむ活動」の体験会を開き、ボーダーコリーのオス「ロン」も参加者らに付き添った。

自然公園の横賢一所長(62)にJタウンネットが話を聞いたところでは、1日は、自然公園の向かい側にある岳に希望者だけで登ったが、頂上から降りようとしたところで悲劇に襲われた。

小学生や幼児を含めた親子連れ20人が当時参加しており、午前11時ごろに一行が下山しようとがたくさん咲いている地に足を踏み入れると、地面付近から突然スズメバチが襲ってきた。約50匹はいたといい、子供たちが悲鳴を上げると、ロンハチを追い払うように駆け寄った。すると、今度は、ロンが標的になり、その間に、参加者らは避難したという。

子供4人と横所長を含めた大人2人がハチに刺され、救急車病院に運ばれたが、その後に回復した。ロンは、20か所以上も刺されて治療を受けたが、1週間ぐらい食欲不振や嘔吐が続いた。11月1日現在は、元気になって以前より甘えるようになったそうだ。

こんなロンの様子は、地元の長崎新聞が10月28日ウェブ版記事で報じ、ツイッター上などでは、「ロン 凄いえらい!」「勇気に感した」などと讃えるが相次いでいる。

「アナフィラシーショック起きないか確認したい」

元気になったというロンだが、一方で、またハチに襲われればアナフィラシーショックを起こすのではないかと心配するも上がっている。


自然公園の横賢一所長は11月1日、取材に対し、こう話した。

「私も4か所刺されており、アナフィラシーショックが起きないよう常備を持ち歩くことを考えています。については、よく分かりませんので、動物病院に行ってどうすればよいのか確認したいと考えています」

ハチい色を敵だと認識するとも言われており、実際に被害に遭ったのはいシャツを着ていた子供らだという。ロンも、い毛にい部分が半分ぐらい混じっており、そこが狙われたという。ハチに刺されて苦しんだためか、の下のいところに白髪が増えたそうだ。ロンは8歳で、人間なら50代半ばぐらいに当たり、もう少し年齢が上なら危なかったとしている。

自然公園には、ロン勇気を讃える電話メールが相次いでいるというが、意見の1割ぐらいがお叱りの言葉だという。「事前に現地を歩いていなかったのか」「なぜ確認しなかった?」といったもので、岳が公園内にあると誤解していたケースもあったという。

所長は、前日にこのルートを歩いた知人に安全を確認していたと説明する。周囲に巣はなく、地にスズメバチがいたのは、想定外だったという。専門に聞いたところ、ハチが蜜を吸いにのあるところに降りてきていることがあると言われたというが、こんな体験は初めてだとしている。

白髪が増えた?(以下、白岳自然公園レストラン提供)