NHKの連続テレビ小説『わろてんか』ではヒロインのライバルという重要な役柄で出演している広瀬アリス。2017年もTVドラマや映画など話題作に立て続けに出演し、妹・広瀬すずに負けない存在感で活躍中だ。そんな彼女がヒロインを務める映画『氷菓』が11月3日(金)より公開。本作で彼女が演じているお嬢様キャラが、なんともかわいらしい!

【写真を見る】広瀬のキラキラした瞳に吸い込まれてしまいそう!?

本作は人気作家・米澤穂信のデビュー作を、山崎賢人&広瀬アリス主演で映画化した学園ミステリー。ずば抜けた分析力を持ちながら、安穏な学校生活を望む高校生・折木奉太郎(山崎)は、姉からの半ば強制的な勧めで古典部に入部することに。彼はそこで“一身上の都合により”入部してきた、名家・千反田家の娘えると出会う。奉太郎の推理力を目の当たりにした彼女は、彼に33年前に学園で起きた“ある事件”の解明を依頼するのだが…。

本作で広瀬が演じるのが、この学園イチのお嬢様・千反田える。人一倍好奇心が旺盛で、一度気になりだすと止まらないという女の子。山崎演じる奉太郎が“やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に”をモットーに生活しているのとは対照的なキャラクターだ。

アクティブな美少女という役柄は、スポーツが得意という広瀬にぴったり。劇中では、えるが謎に直面すると奉太郎の目をじっと見ながら「わたし、気になります!」とつぶやくシーンが度々登場する。彼女のキラキラとした瞳に見つめられると、主人公じゃなくても思わず頑張って謎を解かねば!と思ってしまうはず。

アクティブな性格と目力で、省エネ主義の主人公をグイグイと引っ張っていくヒロインを演じた広瀬アリス。彼女のキュートなお嬢様姿を劇場で確認してみてほしい!【トライワークス】

好奇心旺盛な女子高生・千反田えるを広瀬アリスが生き生きと演じる