社会人になったら、「新人はお茶汲みから」という風潮が日本にはある。昔から映画やドラマなどでも、そんなシーンをよく見かけていた。

しかし、それが当たり前だったのも昔の話。年功序列や昔の風習を強制する先輩方に、疑問を持つ若者も少なくない。

その風習に勇気をもって声をあげた人が勇敢だと、今Twitterで話題になっている。

確かに飲みたいものも好みも人それぞれだし、自分一人分のものを用意するのであれば時間もかからず無駄もない。

とはいえ、みんなが思っていたがなかなか言えなかったことを堂々と勇気を出して発言できるのは大したものだ。

これには賛同の声が多く集まっている。



先輩の助言や指導、風習にならうのも大切だが、これからは固定概念にとらわれずに効率的なものを選択してくことも必要かもしれない。


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

「新入社員がお茶汲み」という流れを、たった一言で変えた人の発言とは?