世界的バイオリニストの葉加瀬太郎さんと親交の深い、“釣りよかHOUSE”ご一行。

先日の『楽器店を訪れて“あの曲”を演奏』に続き、今度は葉加瀬さんに本場のペペロンチーノを作ってもらったという。

何とも豪華なディナーだが、ペペロンチーノのレシピ動画としても楽しめる動画になっている。

葉加瀬さん曰く、「イタリア料理のコツは、ニンニクをたくさん使うけど細かく刻みすぎない」ことだという。葉加瀬流ペペロンチーノでは、これによりニンニクのカリカリした食感とホクホクした食感が楽しめるという。

そして驚いたのが、「ビックリするくらいオリーブオイルを入れる」点である。

まだオリーブオイルが温まる前にニンニクと赤唐辛子を投入し、焦がさないように注意しつつ香りを移し、茹でたパスタをたっぷり投入する

その他の具材はなにも入れない。

パスタを除く材料はニンニクと赤唐辛子、塩コショウ、そしてオリーブオイルのみである。

ポイントはパスタのゆで汁を残しておき、炒めたパスタに加えて乳化させることである。

葉加瀬さんによると、ペペロンチーノは日本でいう“素うどん”のような位置づけであるという。


画像出典:YouTube(釣りよかHOUSE)


画像出典:YouTube(釣りよかHOUSE)


画像出典:YouTube(釣りよかHOUSE)


画像出典:YouTube(釣りよかHOUSE)

それにしても、手皿で食べては折角のペペロンチーノが台無しではないだろうか・・・。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(釣りよかHOUSE)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

葉加瀬太郎の料理教室? 本場の”ペペロンチーノ”をユーチューバーに披露