【大きい画像を見る】『FGO』初心者が押さえておきたい5つのポイント

2017年でスタートから3年目を迎えたiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』。関連する情報を見ない日はない、というぐらい、今でも高い人気を誇っています。その人気や話題を見て「気になる」という人も多いのではないでしょうか。でも「今から始めるのは……」とためらってしまうこともありますよね。そこで、今回は『FGO』初心者向けの記事をお届けします。

と言っても、こうした『FGO』の攻略方法を載せているサイトは、メディアでも個人でもたくさんあります。これはそういった情報を見ても「なんだかすごいけど自分はよく分からないから強い力で殴って倒す」という思考パターンの人が書いていますので、そういう方も安心して読んでください。

※これはあくまで一個人のおすすめです。

◆これだけ覚えれば大丈夫、初心者が覚えるべき五つのポイント
強いフレンドをゲットしよう!育てたいサーヴァントを決めよう!スキルと概念礼装の育成はしばらく放っておこう!曜日クエストを一通りこなそう!開催中のイベントをとりあえず最後まで進めよう!
なんといってもこの五つのポイント、上をこなしつつメインクエストを進めるのが良いと思います。もうここでページを閉じてもらっても大丈夫なのですが、もっと詳しく知りたいという方のために、それぞれのポイントを詳しく説明します。

◆強いフレンドをゲットしよう!
多くのマスターたちが口をすっぱくして言っているのですが、本当にこれが重要です!
『FGO』のフレンド制度は、パーティの6騎中の1騎を借りてくるだけと、とてもシンプル。もちろんフレンドにならなくても強力なサーヴァントを借りてくることはできますが、宝具が使えるようになるので、戦闘スピードが変わってきます。
フレンド申請の際はメッセージもいらず、チャット機能もありませんので、やりとりが苦手という人も安心です。強い人にたくさん申請して、見向きもされない時はすぐに別の人に申請しましょう。

そこで申請の際、いてくれると便利なサーヴァントをちょっとだけ紹介します。


クー・フーリン[オルタ]源頼光(バーサーカー)マーリン諸葛孔明強いアサシン

たくさんいるのですが、絞りに絞るとこんな感じです。クー・フーリン[オルタ]と源頼光はバーサーカーでどのクラスにも攻撃力が高いため、難易度の低い序盤のストーリーやクエストで大活躍してくれます。マーリンや孔明は主に後半でいると助かりますし、持っている人は強いサーヴァントをメンバーに入れていることが多いので、最初のうちに申請しておきましょう。
強いアサシンについては、現在星5の恒常サーヴァントがジャック・ザ・リッパーと刑部姫のみで、引きづらいという点からです。星の数は関係ない!と言いたい所ですが、やはり星5は強いのです。あとはビビっと来たサーヴァントを持つ人に申請し、その魅力を知るため戦いに連れていきましょう。

◆育てたいサーヴァントを決めよう!
手持ちのサーヴァントが少ないうちはそうならないと思いますが、増えてくると育成がまばらになっていきます。なので、最初のうちはこの人を育てる!というのを、クラス別に決めておいた方が良いです。


ということで、フレンドポイント召喚でゲットできるおすすめサーヴァントを各クラス別に紹介します。

[シールダー]マシュ[セイバー]来た人[ランサー]クー・フーリン[アーチャー]アーラシュ[ライダー]ゲオルギウス[キャスター]アンデルセン[アサシン]呪腕のハサン[バーサーカー]アステリオス

マシュは攻撃力が低いため、ある程度メンバーが充実すると外しがちです。が!後半でいなくてはならない存在になるため、その都度レベル最上限まで上げておいた方が良いです。
ランサーに関しては、最近追加された宝蔵院胤舜、アーチャーはエウリュアレとダビデもスキルや特性的におすすめです。セイバーは現在星3までのレアリティでは4人しか実装されていないため、来たサーヴァントをとにかく育てましょう。

これはあくまでもおすすめですので、自分が強くしたいと思うサーヴァントを育成するのが一番です。というよりも、サーヴァントに対してそう思えるようになったら、きっと大丈夫です。ストーリーを進めながら、お気に入りのサーヴァントを見つけてみてください。

◆スキルと概念礼装の育成はしばらく放っておこう!
アプリゲームに慣れていると最初から色々な育成に手を出しがちですが、この辺りはしばらく放置して大丈夫です。というのも育成に必要なお金、「QP」は序盤ではとっても貴重でして……。キャンペーンなどで大量に貰えることもありますが、まずはサーヴァントのレベル上げに使いましょう。


ただ、概念礼装についてはボックスがいっぱいになってきたら重ねても大丈夫です。とはいえ、そこもお金と相談。売る事もできるので、本当に必要なのかよく考えてみてください。レアリティの高い概念礼装は、レベルが上がれば使えるようになるので大事にとっておきましょう。
スキルに関しては、筆者も全部3以下ぐらいの状態で第1部最終章がどうにかなったぐらいなので、お金や素材に余裕ができてから育てても大丈夫かと思われます。

◆曜日クエストを一通りこなそう
曜日クエストは「種火集め」「修練場」「宝物庫」の3種類があります。もちろん種火や素材をゲットするためでもありますが、重要なのは「マナプリズム」!ショップでは月ごとにマナプリズムと交換できる便利なアイテムが入荷されますので、もらえるだけもらっておきましょう。

ちなみに全てのクエストをこなすと、1日30個のマナプリズムをゲットできます。一週間頑張れば210個。これだけで、★4ALL種火を50枚もらうことが可能です。とはいえ、自分のレベルに合わせて、無理をせずこなしていきましょう。




◆開催中のイベントをとりあえず最後まで進めよう!
毎月色々なイベントが行われていますが、ストーリーはもちろん、素材がたくさんもらえることも魅力です。たくさんのクエストをこなすのは難しい!という人も、とりあえずストーリーの最後まで進めることを目標にやってみてください。それだけでも色々な素材がもらえますよ。


でも始めたばかりでは「長くて最後まで進められそうにない」という状況になるかもしれません。そういう方には、ストーリー部分のスキップをおすすめ。本来ならリアルタイムで一緒に楽しんでほしいのですが、AP的に、または戦闘に時間がかかって最後までいきつかないことも起こりうります。『FGO』では進めたシナリオはすぐに「マイルーム」の「イベントクエストでの記録」から読み返すことができるので、時間がある時にストーリーを読むというのも一つの手です。逆に最後までストーリーを進めないと、記録に収録されず、読めないまま復刻を待つことに……。しかも復刻は必ずあるわけではないので、本当にご注意ください。

◆最後に
といったところで、初心者向けの5つのポイントはおしまいです。いかがだったでしょうか?
本当にこの5つさえこなせばいかようにもなるのですが、ここまで読んでくださった方にもう一つだけお伝えするならば、ゲームとの距離感を大事にしてください。目を近づけすぎるとかではなく、気持ちのことです。

SNS上に流れてくる情報や、人のクリア状況を目にしてしまうと「自分もやらなきゃ!」と気持ちが焦ることがあります。でも、「辛いなぁ」と思いながらプレイするようになってしまったら、もうそれはゲームではなく作業になってしまいます。作業をしたい人は大丈夫だと思いますが、ゲームを遊びたいと思っているプレイヤーにとっては苦しい状況です。

今筆者が『FGO』を続けていられているのは、「無理をしない」「よそはよそ、自分は自分」を徹底しているからです。それに何よりも、『FGO』には追い続けたいと思える魅力的なストーリーとキャラクターたちがいました。皆さんもプレイしてそういう気持ちができたなら、あとは自分のペースで楽しむだけです。
良い『FGO』ライフを、そして新しいストーリーやイベントを楽しみに待ちましょう。



(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT【ほかの画像を見る】『FGO』初心者が押さえておきたい5つのポイント
『FGO』初心者が押さえておきたい5つのポイント