(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

「毎日毎日、通勤だけで往復2時間以上もかかって…。1ヶ月で40時間以上も電車に揺られてるとか、人生を無駄にしている気がする」

そんな、通勤時間の長さに不満を抱えている人は少なくないはず。

■「理想通り」の通勤時間は3人に1人

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の有職者男女633名を対象に「通勤時間」について調査したところ、理想通りだと答えたのは全体の37.0%。

©sirabee.com

44.7%は理想と少し違う、18.3%はかけ離れていると回答している。多少なりとも不満を抱えながら、毎日会社に通っている人が多いのだ。

しかし、その「不満の理由」を聞いてみると、意外にも時間の長さだけではないようで…。

(1)近さが大事

「家を決めるとき、最重要項目にしているのが通勤時間。乗り換え1回、30分以内じゃないと嫌なんですよ。本音は徒歩5分とかに住みたい。朝はメイクとか支度に時間がかかるし、夜は早く家に帰りたいんで。

ただ、一度会社まで徒歩で行けるところに住んだら、『近いんだから』と突然呼び出されたり、残業させられたりして。それからは『ギリギリ歩けない距離』の場所を選んでいます」(20代・女性)

(2)家族のためには…

「子供ができたときに家を買うことになり、環境や値段を考えて郊外に決めました。通勤に1時間以上かかるのがネックでしたが、もう慣れましたね。諦めたというか。

せっかく自分だけの時間ができたので、勉強したり本を読んだりと、少しでも有意義に過ごせるように工夫してます」(40代・男性)

(3)通勤時間&ラッシュのコンボ

「会社が移転になり、家から1時間ちょっとかかるようになって。それまでは30分程度だったので満員電車も耐えられましたが、1時間はきつい。

座れないし、乗り換えも多いし。痴漢に間違われたら嫌なので、両手を上げて電車に揺られていると『俺、何してるんだろ…』って気分になるんですよね。正直、もう耐えられない」(30代・男性)

通勤時間や混雑具合の悩みを解消するか、多少我慢してでもより良い環境の家に住むのか。「その人にとって何が大切なのか?」で大きく変わりそうだ。

・合わせて読みたい→在宅勤務なら通勤時間ゼロ! 「メイクしなくていい」が嬉しい女子も

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の有職者男女633名(有効回答数)

もう耐えられない…通勤時間に不満を抱える人たちの「理由」