昨年、大ヒットした映画『シン・ゴジラ』が11月12日、テレビ朝日で地上波初放送された。ビデオリサーチの調査では、関東地区の平均視聴率が15.2%。ツイッターでも「内閣総辞職ビーム」「無人在来線爆弾」「蒲田くん」など、同作品に関するワードがトレンド入りした。

そんな中、ツイッターの企業アカウントも「シン・ゴジラ」に関するツイートを投稿し、話題となっている。

タカラトミー、劇中登場車両のトミカを熱烈レコメンドし、即完売に

タカラトミー公式アカウントをキャプチャ―

『シン・ゴジラ』の見どころのひとつは、やはり無人在来線爆弾のシーンだろう。東京駅に鎮座するゴジラに向かって、爆弾を搭載した車両が突撃する様子は圧巻そのものだ。タカラトミーの公式アカウントでは、

「E231系とE233系のプラレール発売中です」

と、劇中に登場するJR中央線快速線、山手線、京浜東北線、東海道本線モデルのプラレール車両を宣伝。それに留まらず、

「何かを凍結させるのに使えそうなトミカはこちらぁああああああああああ」
「こういうのもありまぁああああああああああああす」

とヤシオリ作戦(ゴジラを凍結させるために、倒れたゴジラの口から血液凝固剤を投与する作戦)で使用されたような大型ビル解体専用機やクレーン車のトミカも紹介。ちなみに紹介商品は、

「(おかげさまで瞬殺で売り切れてしまったようです…在庫入りましたらまたご連絡いたします)」

といい、告知から45分程度で完売したようだ。

タニタの動揺ツイートに、シャープ「まずは君が落ち着け」

タニタの公式アカウントは放送開始30分前に、「シン・ゴジラ待機」とツイートをしている。また「コジラデータ(タニタ調べ)」として、初代からハリウッド、シン・ゴジラで登場するゴジラの総重量まとめを投稿した。他にも放送を視聴し、

「シン・ゴジラ強すぎてやばい。ちょっと緒方恵美さん呼んでくる」

という発言をしていた。緒方さんは「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公、碇シンジ役で知られている。これについてはシャープの公式アカウントから、同作品の劇中でのセリフ「まずは君が落ち着け」とのリプライがあり、タニタも「すまない」と返していた。

シャープも放送開始直後、「シン・ゴジラ」とつぶやいている。他にも「何回観ても ♯シンゴジラ すごい」「ゴジラ怪獣惑星(編注:11月17日公開のアニメーション映画)もたのしみたのしみ」と投稿した。

さらに『シン・ゴジラ』4KUHDのブルーレイディスクが発売されていることから、「こちらもよろしければご参考に」と、4KUHDブルーレイの再生に対応した同社レコーダーの宣伝もしていた。

『シン・ゴジラ』が放送されたのは、日曜日の夜9時から約2時間20分。企業の公式アカウントを見る限り楽しんでツイートしているようには見えるが、広報ご担当者様におかれましては夜遅くまでお疲れさまでした。