全国のマクドナルド店舗、約2900店(一部店舗除く)で、2017年11月20日からクレジットカードによる決済が可能になる。さらに、電子マネー決済サービスの取扱も拡大する。

対象ブランドは6つ

これまでマクドナルド店舗では、電子マネー「iD」「WAON」「楽天Edy」「nanaco」「Suica」等の交通系電子マネーの決済サービスを利用できたが、今回6つのクレジットカードブランドおよび電子マネー「QUICPay」での決済を導入する。

対象のカードブランドは、

・Visa

・Mastercard

・JCB ・JCB PREMO

・ダイナース

・ディスカバー

・アメリカン・エキスプレス

いよいよ日本でも「カードでマック」が可能になる。<J-CASTトレンド>

マクドナルド「人形町店」(写真はイメージ)