13日午前10時20分ごろ、堺市中区平井の市立平井中学校(石川寛校長)で、グラウンドの一部が突然陥没して穴が開き、体育の授業中だった2年の女子生徒2人と女性教諭(23)が次々に転落した。教諭は自力ではい上がり、生徒らも間もなく助け出され、生徒2人は脚に打撲や擦り傷の軽傷。女性教諭にけがはなかった。市教委が陥没の原因を調べている。

 市教委や同中によると、穴は縦2.4メートル、横0.8メートル、深さ5.4メートルで、地上から深さ約2メートルまで水がたまっているという。生徒およそ35人がハンドボールをしていたところ、グラウンドの中央付近が突然陥没。生徒1人が転落し、助けようとした生徒の足元も崩れて巻き込まれ、さらに助けようとした教諭も転落した。自力ではい上がった教諭が生徒1人を引き上げ、別の生徒がもう1人を引き上げたという。生徒2人は保健室で手当を受けた後授業を続け、放課後に病院で受診した。

 市教委は穴の周りをフェンスで囲い、グラウンド全面を使用禁止にした。【山下貴史、藤河匠】