日本マクドナルドは店頭での決済で11月20日から各種クレジットカードQUICPay+が利用可能となると発表しました。これでiPhone 7、Apple Watch Series 2以降の機種で使える国内のApple Payに完全に対応することになります。

 

Suica、iD、QUICPay+全てに対応

日本国内のApple PayはプリペイドタイプのSuicaとクレジットタイプのiD、QUICPayの3つの決済方式が利用可能です。マクドナルドでは早くからiDに対応していたのですが、この夏からSuica(交通系電子マネー)に対応し、そして11月20日からはQUICPay+に対応します。これで国内のApple Payユーザーは全てマクドナルドでApple Payの決済ができるようになります。

 
マクドナルド
 

またQUICPay+に対応したことでプリペイドタイプのau WALLETカードを利用したApple Payも使えるようになり、幅広い年齢層のユーザーがマクドナルドでApple Payを利用できるようになります。ちなみに同時に対応するクレジットカードはVisaMastercardJCB・JCB PREMOダイナースディスカバーアメリカン・エキスプレスであり、国内で利用されているクレジットカードをほぼ網羅しています。

海外のApple Payにも対応へ

日本マクドナルドはさらに2018年上期にも決済方式拡大を予定しており、その際にはVisa payWaveMastercard コンタクトレスJ/SpeedyAmerican Express Contactlessでの決済にも対応します。このうちVisa payWaveとMastercard コンタクトレスは海外(一部の国を除く)のApple Payに利用されている決済方式となります。そのため海外から来たiPhoneユーザ、Apple Watchユーザーもマクドナルドの店頭でApple Payが使えることになります。

 

マクドナルド決済方式

 

国内でも有数のファストフードチェーンが決済方式を拡大して国内外のApple Payに対応することで、他の小売店や飲食店にもこの流れは波及していくでしょう。キャッシュレス社会の進展が遅れていると言われがちな日本ですが、2020年の東京オリンピック開催に向けて海外からの観光客やビジネス客の要望に応えられるような、スマートな決済方式が広がっていくことになるのでしょう。

 

もちろんそうなれば日本国内のiPhone、Apple Watchユーザーも便利になるので、キャッシュレス社会の進展には期待していいと思います。
 
Photo:日本マクドナルド
Source:日本マクドナルド
(KAZ)

マクドナルド 11月20日からクレカ、QUICPay+決済に対応開始