「彼氏を作りたい」という気持ちはあるのに、どうしてもなかなか彼氏ができない女性。
そういう女性には、考え方や行動に改善すべきポイントがあるのかもしれません。
でも逆に言えば、その改善ポイントに気づくことができれば、恋愛も大きく変わってくることでしょう。


1.いきなり「付き合えるかどうか」を判断する

彼氏を作りたいと感じていたら、男性を「付き合えるかどうか」で見るのは当たり前のことかもしれません。
でも、まだ出会ったばかりなのに、いきなりそんな判断をして、そして勝手に自分の中で合否を付けてしまう。それではさすがにちょっと判断が早すぎます。
まだ信頼関係も生まれず、気心も全く知れていない状態では、その男性の本質だって見抜ききれないはず。
「お友達から始めましょう」という精神でいいいのだから、すぐにアリかナシかを決めてしまうのはもったいないですよ。


2.「近づきすぎ」になりやすい

気になる男性と恋仲になるには、距離を縮めることが何よりも大事。距離を縮めていかないことには、男性もあなたを“女”として意識してはくれないでしょう。
でも、縮めすぎるのも問題です。仲の良い友達になってしまうと、これはこれで“女”として見られなくなる。
なんだか変な恥ずかしさのようなものが生まれてしまうのです。
あと、「友達として失いたくない」なんて気持ちも芽生えたりもするので、これも恋愛には意外と大きな障害になってしまうかも。


3.「引け目」を感じている

恋人がほしいのになかなかできない期間が続くと、恋人ができないことを引け目に感じるようになりがちです。「私なんて…」とか、「このまま一人なんだろうな」だとか。
この引け目を感じている女性の姿は、男性には「私は魅力的な人ではありません」というように映ります。
そうなると、恋人ができない状況からどんどん抜け出せなくなるのです。
恋人がいないことに引け目など感じる必要はありません、むしろムダ。仕事でも遊びでも日々を楽しむことが大事で、そういう女性はキラキラ輝いていて、男性にはとても魅力的に見えます。


4.どんどん「目」が肥えていく

彼氏ができない時間が長くなればなるほど、彼氏に対する理想は高くなりやすいです。
色んな男性を見ることで目が肥えていきがちだし、長く待った分、「次の恋は理想通りの人と付き合いたい」なんて気持ちにもなるでしょう。
でも、理想が高くなればなるほど、当然さらにまた彼氏を作るのが難しくなります。
そこに自分で気づくことができないと、現状から抜け出せないどころか、状況が悪化していくことだってあるかも。


おわりに


なかなか彼氏ができない状況になるのなら、どこかに問題があるのかもしれません。
まずはそれをちゃんと自分で分析できるかどうかで、その後の恋愛にも変化が訪れるはずですよ。 (山田周平/ライター)
(ハウコレ編集部)(yuzuyuzu@yu1zu/モデル)(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

今すぐ抜け出して!「なかなか彼氏ができない女子」の共通点