神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=の部屋から見つかった2台の携帯電話が、最後の犠牲者となった東京都八王子市の女性(23)と横浜市の女性(25)のものだったことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は携帯電話の解析を進めており、2人を誘い出した際のやり取りなどを調べている。

 捜査関係者によると、2台の携帯電話は新聞紙にくるまれ、ごみ袋に入れられた状態で室内に放置されていた。白石容疑者は「捨てようと思っていたが、そのままになっていた」などと供述している。

 白石容疑者は他の被害者の携帯電話については「足が付くので壊して捨てた」と供述。なたでたたいたり、きりでこじ開けて中の基板を壊したりしたと説明しているという。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】

9人の遺体が発見されたアパートに立ち入る捜査員=神奈川県座間市で2017年11月1日午前9時58分、本社ヘリから