希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は14日、都内で開いた両院議員総会で代表を辞任する意向を表明し、了承された。後任には玉木雄一郎共同代表が就いた。先の衆院選敗北で自らの求心力が低下する中、新執行部の発足を区切りとして都政に専念する考えに傾いたとみられる。結党を主導し、「党の顔」として衆院選を戦った小池氏の辞任は同党に痛手となりそうだ。

 小池氏は総会で、辞任理由について「創業者の責任として代表でスタートしたが、これからは執行部にお任せし、国民のために働けるよう後押しをしていきたい」と説明。この後、記者団の取材に応じ、今後は特別顧問などの形で党運営に関与していく考えを示した。

 総会では古川元久衆院議員を幹事長に起用する人事を了承。このほか、代表代行に大島敦、政調会長に長島昭久、国対委員長に泉健太、選対委員長に大西健介、憲法調査会長に細野豪志の各衆院議員、参院議員団代表に松沢成文参院議員を充てることを決めた。また、総会後の役員会で前原誠司前民進党代表の入党も承認した。 

〔写真説明〕希望の党の両院議員総会で代表辞任を表明し、記者に囲まれる小池百合子氏(東京都知事)=14日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館

〔写真説明〕希望の党の代表を辞任し、玉木雄一郎新代表(中央)ら新執行部メンバーと握手する小池百合子東京都知事(左から2人目)=14日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館

希望の党の両院議員総会で代表辞任を表し、記者に囲まれる小池百合子氏(東京都知事)=14日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館