かつて神奈川県平塚市と寒川町には、旧日本海軍の「秘密毒ガス工場」があった。一帯には今も毒ガスが遺棄されたままになっているという。その場所とは、寒川町岡田にある全長3kmの地下壕だ。道路沿いに木立の生い茂った斜面が続いている。草むらの中に入ると、土嚢で蓋をされた壕の入り口が2つ見えた。

「毒ガス遺棄についてお年寄りに詳しく聞こうとすると、『(戦前に憲兵が使用した)縄手錠をかけられる』と、なかなかしゃべってくれません」と語るのは、2003年にこの地下壕を発見した化学兵器被害解決ネットワークの北宏一朗氏。

◆かつては約3000人が毒ガス製造に従事

 戦前、海軍の毒ガス工場(寒川の相模海軍工廠、平塚の海軍技術研究所)には最大3000人が毒ガス製造に従事していた。

「平塚の工場に勤務していた大佐の手記では『国民総武装兵器特殊地下壕』と呼ばれていたそうです。壕は相模湾から上陸した米軍を迎え撃つ、毒ガス兵器を使った本土決戦のための地下施設として、毒ガスを製造し稼働していました」

 寒川の工場の敷地を横切る道路の建設中、作業員が深さ2~3mの場所からビール瓶を掘り出したのは2002年のこと。中身は皮膚や呼吸器系統に炎症を引き起こす、びらん性の毒ガス、イペリット(マスタードガス)が入っていた。

「工場では戦前、ビール瓶に毒ガスを詰め、手投げ弾として生産していたんです。掘り出された毒ガス弾は最終的に802本。そのとき毒ガスを吸った11人に、発疹などの症状が出ました」

 毒ガスに半減期はなく、何十年経っても「兵器」として偶然発見した人に襲いかかる。

「作業員たちは自律神経にダメージを受け、視野狭窄のほか気管支を損傷したり、慢性的な下痢になったりしました。登山家でもあった頑強な作業員の一人は、事故後やつれはてていました。それなのに国は因果関係を認めず、一切対応しようとしない」と北氏は憤る。

◆戦後、忘れ去られた毒ガスの存在

 毒ガスは、第一次大戦中にドイツ軍がマスタードガスを用いたのが始まりだ。旧日本陸軍は瀬戸内海の大久野島で毒ガスを極秘生産し、中国大陸で使用した。マスタードガスより即効性のあるびらん剤のルイサイト、くしゃみ剤(嘔吐剤)、催涙剤、窒息剤のホスゲン、血液成分に作用する青酸ガスなど、さまざまな毒ガスが作られた。

「主に本土決戦用に作られた海軍のマスタードガスは1944年には190tが生産され、中国大陸で使う陸軍の生産量を上回りました。それが地下壕に備蓄され、敗戦とともに忘れ去られたのです」

 平塚の工場北側では井戸水調査で毒ガス生産の副産物であるモノフェニルアルシン酸が検出され、2008年までに環境省が2000tの汚染土壌を運びだしている。

「その汚染土壌をどこに移したのか、環境省は明かさない。また、旧軍の生産した毒ガスにはすべて不凍剤としてヒ素が入っていて、最新の焼却炉でも処理できないんです。多くの毒ガス遺棄地で、地下水への影響が懸念されています」

 この寒川・平塚だけでなく、全国各地に化学兵器が遺棄されている。その中には情報が不正確なものも多く、まだまだ今後も見つかる可能性があるのだ。

※『週刊SPA!』11月14日発売号「全国分布図付き[ニッポンの化学兵器]が危ない」より

取材・文・撮影/宗像充 写真/北宏一朗 時事通信社

旧日本軍の毒ガス製造に使われたガスマスク(陸軍の毒ガス工場があった広島県・大久野島で使われていたもの)