ライブハウスを中心にアイドル活動をしていた10~20代の少女ら4人が「賃金が一切支払われないのは不当」として、所属事務所のデートピア(東京都)に未払い賃金約400万円の支払いと契約解除などを求める訴訟を14日、東京地裁に起こした。

 訴状によると、4人は2015年7月、賃金を月額3万8000円と定めた上で、レッスン費用として同額を差し引くとした5年間の契約を事務所と締結。同年10月に7人組のアイドルグループとしてデビューした。

 今年に入り、別の事務所への移籍を求めたところ、デートピアのマネジャーから契約解除はできないと告げられたといい、4人は9月にグループを脱退した。

 原告側は「ライブへの出演料や物販の売り上げがあったのに、事務所が全て独占していた」と主張。労働者に当たる少女らに賃金が支払われないのは不当で、契約解除が認められると訴えた。

 記者会見した10代の原告は「デビューできるうれしさが大きく、契約の重さを理解していなかった。自由に活動できたらと思っている」と話した。 

〔写真説明〕アイドル活動をめぐり契約解除を求めて所属事務所を提訴後、記者会見する10代の原告=14日午後、東京・霞が関

アイドル活動をめぐり契約解除を求めて所属事務所を提訴後、記者会見する10代の原告=14日午後、東京・霞が関