14日放送の『バイキング』(フジテレビ系列)では、山尾志桜里議員が不倫疑惑があった倉持弁護士を政策顧問に再起用したニュースを特集。MCの坂上忍は、選挙当選後に「今は答えるつもりはありません」と記者への対応を避けている山尾議員の姿勢について、「公人として疑われるようなことをやって、説明責任も果たせないような議員でいいのかってことですよ。頭にきてんだよ、こっちは」と怒りをあらわにした。

【大きい画像を見る】坂上忍


 再起用のオファーを受けた倉持弁護士についても、「そういう(不倫)関係があったとして、(オファーを)よけい受けちゃいけない。関係がなかったとしても、自分が政策顧問になることで世間的には得なんかないんですよ。二人で強気になっちゃってるとしか思えない」と首をかしげた。

 ヒロミは「やってないんだったら、説明をどっかで『やっていないんです!』とちゃんとすればいい。ホテルに行って本当に飲んでいるとか、そういうこともあるかもしれないですよね。その説明をしないのが色んなこと(批判)を呼ぶから」とアドバイス。

 小藪は、辞任した山尾議員の後援会会長が倉持弁護士の再起用について「説明がなかった」「筋が違うと思う」と本音を漏らしたことについて、「自分が選挙をやるときにめちゃめちゃ協力してくれた人に、何の挨拶もなく、説明をしてなかったことが一番嫌。筋が通っていない部分は完全アウト、僕(芸人)の世界でも嫌です」と山尾議員を痛烈批判していた。【ほかの画像を見る】坂上忍
坂上忍