【北京時事】中国の李克強首相は14日、日本、中国、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)による首脳会議で、日中韓3カ国が進めている自由貿易協定(FTA)の交渉加速を訴えた。また、アジアの経済統合を早期に実現するよう各国に呼び掛けた。中国の国営新華社通信が伝えた。

 李首相は「中日韓のFTA交渉を加速させるため連携する用意がある」と表明。その上で、日中韓とASEANの経済統合を目的とする「東アジア経済共同体」構想に改めて意欲を示した。