2017年4月から放送されたテレビアニメ「エロマンガ先生」のOVAが、18年に制作されることが決定した。11月12日に開催された「エロマンガFes」内で明らかになった。同イベントのTシャツを着た登場キャラクターたちが、OVA化決定を告知する特報映像も公開されている。OVAの詳細は、後日アニメ版公式サイトや公式Twitterアカウントで順次発表予定。

同作は、原作・伏見つかさ、イラスト・かんざきひろの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」タッグによるドタバタコメディ小説が原作(KADOKAWA刊)。高校生ライトノベル作家の和泉正宗は、自分の小説の挿絵を描いているイラストレーター・エロマンガ先生の正体が、引きこもりの義妹・紗霧だと気づいてしまう。ライトノベル業界の波乱の中、作品の執筆を通じて、ふたりの距離は次第に縮まっていく。テレビアニメ版では、紗霧を藤田茜、正宗を松岡禎丞が演じ、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のキャラクターがセリフ付きで登場したことでも話題となった。

(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP