図書館イメージを覆すかっこいい図書館が、中国天津オープンした。

オランダの有名建築デザイン会社が設計

中国天津新区文化センターオープンした図書館は、総面積がなんと3万3,700メートル甲子園球場に迫る広さだ。

地上6階建てで、高さは約29.6メートル。蔵書数は120万冊をえる。

設計・デザインは、先進的な発想で知られているオランダ建築会社「MVRDV」だ。

MVRDV

MVRDV 1階ロビー中央にある巨大な球は、講演やビデオ上映を行なう劇場。「」を徴している。

1階部分は読書エリア、2階より上はラウンジエリア最上階が会議室・オフィス・視聴覚室となっているこの建物、完成までに3年を要したという。

同館は「新区の」と呼ばれており、1階ロビー中央にはそれを徴する巨大な球形の劇場がある。

本を読むよりインテリアに見とれてしまう

この図書館インテリアが行ってしまい、本に集中できないのではないかと心配してしまう。

全体のデザインオランダMVRDV社と中国都市開発計画会社「Tainjin Urban Planning and Design Institute(TUPDI)」が連携した。

図書館の総面積34,000メートル。蔵書数は120万冊をえる。

MVRDV

MVRDV

▼1階部分には読書エリアのほか、子供プレイエリアもある。

MVRDV

MVRDV

▼正面玄関は「」のように見える。

MVRDV

MVRDV

天津によると、図書館は地域全体の文化的インフラ整備の一環であるとのこと。隣接する公園と文化地区を繋ぐ役割も果たしているという。

中国・天津に甲子園並みに広いクールな図書館が開館