中国では長年にわたって続けられてきた一人っ子政策が止され、各夫婦は2人子どもを産むことができるようになった。子どもの数が増えれば、粉ミルクおむつといった幼児向け製品の需要が拡大していくことが予想される。

 中国メディアPCbabyは10日、中国では一人っ子政策の止に伴い、出産数が伸びており、おむつ市場も拡大していることを伝え、日本おむつメーカーにとっても大きな商機となっていることを伝えている。

 記事は、2016年における中国病院での出産件数が1846万件に達し、前年にべて11.5も伸びたと伝え、うち2人もしくは3人以上の出産数は全体の45に達したと紹介。新生児の増加に伴い、中国おむつ市場も急に伸びており、市場規模は12年の223億元(約3858億円)から17年は4177000万元(約7215億円)にまで拡大する見通しだと伝えた。

 続けて、中国では2020年までにおむつ市場700億元(約1兆2111億円)まで拡大するとみられており、市場拡大を見越して多くのメーカー中国に続々と進出していると摘。一方、中国の消費者がもっとも関心を持っているのは「おむつの品質」であり、「安心して使えるかどうか」という点だと摘した。

 一方、日本では中国人旅行客の爆買いが減退したことなどを背景に、16年のおむつ生産量が前年で減少したと紹介。それにべ、中国おむつ市場は年5ー10の割合で拡大が続いており、日本おむつメーカーにとって市場拡大が続く中国市場は魅的だと摘し、中国市場では品質が重視されるだけに、日本メーカーにとっては一定の勝機が見込める可性があることを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

やっぱり品質が大事!拡大する中国の紙おむつ市場で日本メーカーに勝機も=中国