【ソウル米村耕一】南北軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)で13日起きた北朝鮮軍兵士に対する銃撃事件について、韓国軍合同参謀本部幹部は14日、国会の国防委員会で、共同警備区域から韓国側に亡命した北朝鮮軍兵士は境界線付近まで車で乗り付けた後、徒歩で駆け込んできたと明らかにした。その際、北朝鮮軍は40発以上の銃弾を浴びせたことも確認された。殺害してでも亡命を阻止する構えだったとみられる。

 韓国軍によると、北朝鮮軍兵士1人が13日午後3時15分ごろ、板門店の北朝鮮側で小型四輪駆動車を走らせていたところ、境界線の北約10メートルでタイヤが側溝にはまり、兵士は車から飛び出して韓国側に越境した。この動きに対し、北朝鮮側が追走して、銃撃した。

 韓国軍は、境界線から南約50メートルの韓国側施設付近で、男性とみられる熱源を監視装置で確認。韓国軍の3人がほふく前進で近づき、落ち葉に隠れるように倒れていた男性を発見、救出した。兵士が着ていた軍服は士官ではない一般兵士のもので、武装はしていなかった。

 兵士は約5カ所に銃弾を受けており、京畿道水原市の病院に運ばれ、手術は13日午後11時ごろまで続けられた。臓器の損傷がひどく、肩や腹部、ももからAK自動小銃の銃弾5個が摘出されたものの数日後に再手術が必要な状況だ。聯合ニュースによると、手術を担当した医師は「引き続き容体は深刻だ。今後10日間ほど峠を越え続けなくてはならない」と語っている。

 年齢や階級、亡命の動機など詳細は未確認とみられる。

 北朝鮮国営メディアは14日夕現在、今回の事件について伝えていない。

負傷した北朝鮮兵士と見られる人物の治療を見守る韓国軍兵士ら=韓国・水原市で11月13日、AP