【ロンドン時事】日銀の黒田東彦総裁は14日、フランクフルト市内の欧州中央銀行(ECB)本部で行われたシンポジウムで、昨年9月に導入した、長短金利操作を柱とする金融緩和策によって「インフレ期待(予想物価上昇率)の下落が止まり、今わずかに上向いている」と述べ、成果を強調した。

 ただ、日本では長引くデフレの影響で国民は物価が上がらない状況に慣れており、インフレ期待は上がりにくいと指摘。「われわれは2%の物価安定目標をできるだけ早く達成するという強い約束を維持し、同時に強い緩和的金融政策を継続している」と強調し、デフレ脱却に向けて努力を続ける考えを示した。