契約した人間から血をもらい命令をきく、"SERVANT(下僕)"と"VAMPIRE(吸血鬼)"の物語を描く田中ストライク氏による『SERVAMP-サーヴァンプ-』(掲載「月刊コミック ジーン」)。2016年7月にTVアニメ化された本作が、2018年春に全国で劇場公開されることが決定した。

タイトルは『劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』に決定。寺島拓篤、梶裕貴、下野紘、堀江一眞、柿原徹也、津田健次郎らキャストも続投する。監督もTV版からの続投となる中野英明氏が務め、脚本は久尾歩氏が担当。アニメーション制作はTV版も制作したプラチナビジョンとなる。

新たに公開されたキービジュアルでは、主要キャラクターである6人が集結。吹雪が吹く中に怠惰、色欲、嫉妬のサーヴァンプであるクロ、スノウリリイ、ジェジェと、その主人である城田真昼、有栖院御園、有栖院御国の姿が……劇場版で描かれる有栖院家にまつわる物語を予感させるビジュアルとなっている。

そして最新PVでは、TVシリーズでの椿との戦いを中心に、サーヴァンプと主人との絆が描かれており、有栖院御園の封印されし過去、有栖院家がひた隠しにする秘密とはいったい何かを知りたくなるPVとなっている。

○2018年春劇場公開 劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」特報第1弾

『劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』は2018年春の劇場公開予定。各詳細は公式サイトにて。

(C)田中ストライク・KADOKAWA/SERVAMP MOVIE PROJECT

画像提供:マイナビニュース