Apple Watchと専用アプリ、そして深層学習(ディープラーニング)により、睡眠時無呼吸症候群と高血圧をかなりの精度で診断可能であることが、アメリカの大学の研究で明らかになりました。

6,000人以上を対象に測定

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究者らが、心拍数測定アプリを開発する新興企業Cardiogramと協力、Apple Watchと同アプリ、および最新のディープニューラルネットワーク(DNN)の組み合わせによって、睡眠時無呼吸と高血圧をどこまで正確に診断できるかの実験を行いました。
 
対象となったのは6,115人のApple WatchおよびCardiogramアプリユーザーで、測定は53週間に渡って行なわれました。

80%以上の精度で診断可能

研究者らはApple Watchで測定、収集した心拍数などのデータのうち70%のデータをもとに、DNNによって残り30%の被験者の測定データから、睡眠時無呼吸、高血圧の症状があるかどうかを予測するという手法を取っています。
 
その結果、高血圧は82%、睡眠時無呼吸は90%という、かなりの精度で予測できることが判明しました。
 
つまり本人に高血圧や睡眠時無呼吸の自覚がなくても、Apple Watchで測定すれば、ある程度の診断が可能ということになります。高血圧や睡眠時無呼吸はさらに深刻な疾患につながる可能性が高いため、早めの診断は重要です。

自覚ない人が多い?高血圧と睡眠時無呼吸

厚生労働省が3年ごとに実施している2014年の高血圧性疾患の総患者数は1,010万8,000人、年間医療費は1兆8,890億円です。高血圧は脳卒中や心筋梗塞の原因となります。
 
同じく厚生労働省が2015年に公開した文書によれば、日本には300万人を超える睡眠時無呼吸症候群患者がいると推測されるものの、本人に自覚がないために、2012年時点で治療を受けているのは10%程度とのことです。しかし睡眠時無呼吸を放置すると、慢性的な眠気につながるだけでなく、高家越圧や心臓麻痺、脳卒中、不整脈などの深刻な循環器疾患を引き起こす場合があります。
 
 
Source:Scientific Sessions 2017 via AppleInsider
Photo:Facebook(Cardiogram)
(lunatic)

Apple Watchと深層学習で睡眠時無呼吸と高血圧をかなり正確に診断可能