「世界のトップ」と語るベルギーのなかでも、久保はメルテンスとアザールに注目

 

 日本代表は現地時間14日(日本時間15日)にベルギー代表との際親善試合に臨む。ベルギーのヘントでプレーするFW久保裕也は対戦相手のタレントを称え、なかでもFWドリースメルテンス(ナポリ)とMFエデン・アザールチェルシー)という二人の小柄なアタッカーを「模範」「アイドル」と絶賛している。ベルギーHLN」が報じた。

 

 日本ベルギーといえば、2014年ブラジルワールドカップW杯)の前年(13年11月)にもテストマッチで対戦。この時はFW柿谷曜一朗セレッソ大阪)、FW本田圭佑パチューカ)、FW岡崎慎司レスター・シティ)のゴールで3-2と勝利を収めた。

 

 4年の時を経ての再戦を前に、ベルギーリーグプレーする久保は、「ブラジルベルギーらにとって本当に世界トップ」とそのレベルの高さを強調。久保個人としては初対戦となる相手には、強な個性を持ったタレントが豊富にっている。

 

 前線で核となるFWロメル・ルカクマンチェスター・ユナイテッド)については、ヤングボーイズ時代に対戦経験があることから、「(ルカクが当時所属していた)ルカクハットトリックエバートンが4-1で勝ちました。それ以来、彼のことはずっとの中に残っています」と強な印が残っていることを明かした。ジョゼップ・グアルディオラ監督も絶賛するMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)もホットな選手として連日メディアを賑わせているが、記事では久保が二人の小柄なアタッカーを絶賛している。

 

 

 

「みんなが彼らを真似ている」

 

 

らはショートパスを多用します。メルテンスとアザールらにとっては模範的な選手で、アイドルです。彼らのような選手は日本人でも多くいて、みんなが彼らを真似ています。同じプレースタイルですが、メルテンスとアザールの方が明らかに優れています」

 

 メルテンスは身長169センチアザール173センチとともに小柄だが、いずれも欧州トップリーグの第一線で活躍を続けている。メルテンスは昨季セリエA28得点を挙げて、得点ランキング2位に入るなど高い決定を発揮。アザールは圧巻のテクニックを備えてチェルシーで10番を背負い、次期バロンドールとの呼びも高い名手だ。久保日本人選手にとっては模範とすべき選手だとった。

 

 ブラジルに負けず劣らずのタレントを誇るベルギー相手となるが、日本は4年前の再現を果たしたいところだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

 

 

 

フットボールゾーンウェブ