デ・ブライネがメキシコ戦で陥った中盤の機能不全を指摘

 

 ベルギー代表は現地時間14日(日本時間15日早朝)に日本代表と対戦する。10日のメキシコ戦に続く国際親善試合となるが、攻撃のコンダクター役を務めるMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)は、ロシア・ワールドカップ(W杯)を見据えてロベルト・マルティネス監督に戦術の変更を訴えているという。ベルギー紙「Het Laatste Niewus」が報じた。

 

 FIFAランク5位につける欧州屈指の強豪は、10日に行われたメキシコとの一戦で3-3のドローに終わった。試合後、デ・ブライネはチームが採用する3バック戦術が機能していないと口にした。

 

「メキシコは純粋に戦術的に上だった。彼らのシステムの影響で、我々の5バックは深い位置に押し込まれた。我々は中盤で泳ぐようだったが、5対7の状況だったんだ」

 

 デ・ブライネは、中盤で数的不利を強いられた要因を戦術面に求めた。シティで当代の戦術家、ジョゼップ・グアルディオラ監督の薫陶を受けている司令塔には、代表チームの戦術は物足りなく映っているのだろう。

 

「我々には優れた戦術、システムがなければ、メキシコのような国には問題を抱えることになる。残念なことに、我々はまだ解決法を見出していない。我々のシステムはとても守備を第一にするシステムでプレーしているが、ボールを持ちたがる攻撃的な選手でいっぱいなんだ」

 

 

 

「最終的にはマルティネス監督が決めること」

 

 ベルギーの攻撃陣には、天才ドリブラーのエデン・アザール(チェルシー)、エースストライカーのロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)ら実力者が揃っている。しかし、タレントの質と戦術の間に、少なからず“溝”が存在するという。デ・ブライネは、その点に危機感を覚えているようだ。

 

「メキシコ相手には少し問題を抱えてしまった。ほとんどポゼッションできない試合で、このシステムで誰も本当にフィットしていない。しかし、最終的にはマルティネス(監督)が決めることだ。監督は未来に同じ状況を避けるためにも、解決法を見出さなければいけない」

 

 W杯本大会まで残り7カ月。各出場国は当然、本番を見据えて態勢を整え、戦術面でのブラッシュアップをしていくことになるが、デ・ブライネは本番で機能不全に陥らないために、先頭を切って“提言”した形だ。14日の日本戦で、ベルギー代表は本来のポテンシャルを発揮できるだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

フットボールゾーンウェブ