全体練習を外れた長谷部は欠場濃厚 CBは吉田と昌子のコンビか

 

 10日の国際親善試合ブラジル戦で1-3と敗れたバヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、14日にベルギー戦に臨む。指揮官は「2、3人を入れ替える可能性があります。スタメンでそのくらい代えて、試合の流れによって何人交代するかは分かりません」と語り、ブラジル戦から先発メンバーの入れ替えを示唆した。

 

 試合会場のヤン・ブレイデルスタディオンで前日練習を行ったハリルジャパンだが、チームの全体練習からMF長谷部誠(フランクフルト)が一人離れてランニングをしており、ベルギー戦欠場の可能性が浮上している。指揮官が口にした「2、3人を入れ替える可能性」を考慮すると、長谷部の代わりに中盤で別の選手が起用されるのが濃厚だ。

 

 最後尾はGK川島永嗣(メス)、左サイドバックの長友佑都(インテル)、右サイドバックの酒井宏樹(マルセイユ)、そしてセンターバックの一角を担う吉田麻也(サウサンプトン)は不動の存在だろう。中央のもう一枚は、槙野智章(浦和レッズ)に代わり昌子源(鹿島アントラーズ)か。最終ラインで評価を高めており、強国相手のテストとしては格好のタイミングだろう。

 

 中盤は長谷部の代わりに、代表初招集となった長澤和輝(浦和)の抜擢が見込まれる。トレーニングでは井手口陽介(ガンバ大阪)とインサイドハーフを組んでおり、そのまま起用される可能性は十分。長谷部に代わり、中盤の底で攻守の舵取りを担うのは山口蛍(セレッソ大阪)になりそうだ。

 

 前線はセンターフォワードの大迫勇也(ケルン)と左サイドの原口元気(ヘルタ・ベルリン)は、ブラジル戦同様と予想される。右サイドはブラジル戦の後半から出場し、精力的に動き回った浅野拓磨(シュツットガルト)を起用か。もっとも、所属クラブでの活躍を考えると、FW興梠慎三(浦和)やMF森岡亮太(ワースラント・ベベレン)らも結果を残しており、先発に抜擢されても不思議はない。

 

【了】

 

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

 

フットボールゾーンウェブ編集部●画像 by Football ZONE web

フットボールゾーンウェブ