スウェーデンに2戦合計で敗れ、60年ぶりの予選敗退

 

 イタリア代表はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフで敗退し、1958年スウェーデンW杯以来となる本大会出場権を逃す屈辱を味わった。長年にわたり代表チームを牽引した英雄GKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)に続きMFダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)、DFアンドレア・バルザーリ(ユベントス)が代表引退を表明するなか、DFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)も代表のユニフォームを脱ぐことを示唆。世界に君臨したディフェンスライン「BBC」は解体となり、DFレオナルド・ボヌッチ(ACミラン)を残すのみとなった。

 

 敵地での第1戦に0-1と敗れて臨んだサン・シーロ決戦。相手ゴールに何度も迫ったが、スウェーデンの黄色い壁を崩すことはできなかった。試合終了のホイッスルが鳴り響くと、伝統国の威信とともに、青い戦士がピッチに倒れこんだ。

 

 アッズーリのゴールマウスに君臨してきた英雄ブッフォンも試合後、涙ながらに代表ユニフォームに別れを告げた。デ・ロッシ、バルザーリも代表引退を公言するなか、ディフェンスリーダーも別れを告げようとしている。

 

 キエッリーニはイタリア国営放送「RAI」で代表引退を示唆すると、「最終的には妥当な結末だ。自分は運や主審にすがるような人間ではない。スウェーデンを祝福するのみだ。我々は全てを尽くしたが、明らかに現実は足りなかった。彼らの方が勝利に相応しかったんだ」と潔く負けを認めた。

 

 

 

“堅守”イタリアの象徴が消えることに…

 

 FWカリム・ベンゼマ、FWギャレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドの頭文字から、レアル・マドリードの強力3トップが「BBC」と呼ばれるのに対し、ボヌッチ、バルザーリ、キエッリーニによるイタリア版の「BBC」は“最強の盾”として世界にその名を轟かせた。だが、ブッフォンとともにバルザーリ、そしてキエッリーニも代表の舞台から去る可能性が高くなっている。

 

「イタリアはマルコ・ヴェラッティとともに再び歩み出す。1990年代に生まれた多くの選手は次のユーロまでに成熟するだろう」

 

 最後にパリ・サンジェルマンの司令塔MFマルコ・ヴェラッティに、イタリア再建の大役を託したキエッリーニ。堅守イタリアの象徴だった「BBC」の解体とともに、一つの時代が幕を下ろした。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

フットボールゾーンウェブ