ベルギーメディアのヴァンデンベンプト記者を直撃 「最強の日本と戦いたかった」

 

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、現地時間14日にヤン・ブレイデルスタディオンでベルギー代表と激突する(現地時間20時45分/日本時間15日4時45分)。ホームのブルージュで日本を迎え撃つベルギーだが、ベルギー人記者はMF香川真司(ドルトムント)、FW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)の落選について「ベルギーにとっては残念であり、悲しくもある」と語った。

 

 日本の“ビッグ3”について言及したのは、ベルギーの公共放送「VRT」のピーター・ヴァンデンベンプト記者だ。「カガワ、ホンダ、オカザキが今回の遠征メンバーで招集されていないのは知っているよ」と切り出すと、「彼らの落選にすごく驚いたと同時に、ある意味、ベルギーにとっては残念であり、悲しくもある」と明かした。

 

 その真意を訊ねると、「ベルギーとしては最強の日本と戦いたかったからだ」と同記者は返答。今回の遠征メンバーを“日本最強”と捉えていないようだ。さらに、補足するように次のように続けている。

 

「今回のチームも見ると、代表経験の浅い選手もいるようだね。正直、その選手たちのことは詳しく知らないけれど、カガワやホンダ、オカザキのようにワールドカップを経験した経験豊富な選手が当然呼ばれると思っていた」

 

 

 

「カガワは興味深い選手。落選が信じられない」

 

 日本サッカーを長年牽引してきた三人の名はベルギーでも知られた存在だという。その筆頭としてヴァンデンベンプト記者が触れたのは香川だ。「すごくインテリジェンスな選手で、攻撃に変化を付けられるし、モビリティーも兼備している。すごく興味深い選手だけに落選が信じられないよ」と肩をすくめた。

 

 一方、岡崎に関しては「最近だと、CL(UEFAチャンピオンズリーグ)のレスター対セビージャ戦を見たけど、彼は常にゴールを狙えるポジションを取ろうとしていた。ゴールは決められなかったけど、動きの質は高かった」と評している。しかし、話が本田に移行すると一気にトーンダウンし、「実はしばらくプレーを見ていないんだ。ホンダは今どこにいるの? 最近のプレーを見ていないから何とも言えないね」と逆質問。パチューカ在籍を伝えると「メキシコ……知らなかったよ」と語っている。

 

 三人の落選は日本でも大きな話題となったが、対戦国のジャーナリストにも大きな驚きを与えたようだ。

 

【了】

 

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ